お問合せ株式会社ジェイコス
TEL 03-5428-8733

Webコンサルティング会社、首都圏(東京)を中心に戦略的なホームページの制作、Webマーケティングをご提供

Webコンサルティング.jp HOME > Blog Top > 2007年5月

Profile

通称:株式会社ジェイコス
誕生日:2005年4月1日
出身地:三軒茶屋
現住所:麹町
職業:Webコンサルタント

2007年5月31日

キーワードの調べ方

オーバーチュアのシステムがPanamaに移行されつつある最近。


弊社のアカウントも移行されました。


そこで5月31日で終わってしまうサービスがございます。

「キーワードアドバイスツール」です。


これはオーバーチュアが公式に発表しております。
キーワードアドバイスツールとは、前月のキーワードに対する検索数がわかります。

それによってキーワードの難易度や、価格の調整を行っておりました。
今後はオークション形式から、品質形式になるので
単純なオークション形式ではありません。

新たにサービスが提供されるのかどうか不明な部分は多いですが
今後の運用において、非常に大きなウエイトを占めていたので
変化が必要になります。

しかし、アドバイスツールが無くなったことで
データに対する考え方などを見直すよい機会だと思います。





« »

2007年5月23日

TBS、ネットでプロ野球中継

プロ野球の試合が行われている時刻は、まだ仕事をしている時刻という事もあり、
いつの間にか、自然とプロ野球中継を見なくなって来ました。

ですので、
巨人戦の視聴率が毎年過去最低を更新し、地上波TV中継の枠が減って来ている、
との報道を目にしても、個人的には、残念ながら全く影響がありません。


「プロ野球中継=巨人戦」という図式が地上波では一般的ですので、巨人戦の枠減少は、
プロ野球中継自体が地上波TVで見れなくなって来ていることになります。


巨人のファンというよりも、地上波TVで野球を見るのが好きな方には死活問題ですよね。
(何せ巨人が好きでも嫌いでも、地上波で野球見るには基本それしかないですから)


数年ほど前からYahoo!などでプロ野球などのネット中継は随時行われていましたが、
最近は、横浜ベイスターズの親会社であるTBSが「ハマスタWAVE」というサイトにて、
プロ野球中継をネット配信しています。
http://www.tbs.co.jp/baystars/


「横浜スタジアムでの横浜ベイスターズ戦の全試合を動画配信」という事で、
ベイスターズファンが中心にはなるでしょうが、TVでは通常はあまりないカードなので、
プロ野球ファンには喜ばしいサービスになりそうですね。
(そもそも巨人戦しかTV中継がなかったのは、ある意味で「苦痛」でしたから)


TBSが球団を持っているからと言う背景はあるにせよ、地上波キー局がネットで中継というのは、
色んなところに影響がありそうです。


どこかで読んだ情報によると、音声はラジオ流用、映像はニュース用を用いて、
配信コストは抑えているのだとの事です。
一昔前ならユーザーに利用料を負担させるなんて可能性もあったでしょうが、今は当然無料開放。
将来は企業からの広告収入を見込み、運営費をまかなう方向でと書いてありました。


「野球を見るのはTV中継で」が、多くの方の当たり前だったのではないかと思いますが、
テレビ中継の視聴率低下が叫ばれる中、中継のあり方も変わり、広告のあり方も変わりそう。
そしてネットの使われ方もますます変わりそう。


今までの当たり前が、数年後にはどうなっているか、目が離せませんね。





« »

2007年5月21日

TVとWEB

search_cm.jpg


こちらはマクロミル社で調査・発表された指定検索キーワード広告を
見たことある広告メディアのそれぞれについて、その後実際に検索したかどうかを
調査した内容です。

テレビで「続きはWebで」といった場合に検索にいたった数が
コンバージョンとなりえると思うのですが割合的には約半数の方が
実際に検索にいたっています。


私も実際に検索するケースは多々ありますが
その際によくある失敗例をあげたいと思います。

・「○○○」で検索してくださいの○○が長すぎる、英字と日本語が混ざっているなどで覚えられない。

・「○○○」で検索してくださいで、実際に検索したらリスティングで1位表示されていない。

・TV公開日にリスティングを申し込んだ為に審査期間で表示されていない。

・SEOに頼っていて、検索順位が流動的

・実際に検索結果からWebサイトに遷移したらTOPページだった。

上記の例は最近は多少減少傾向にありますが
それでも多々あります。
最近でも、大手企業が社名で検索してとの広告を出しておりましたが
英字と日本語が混ざっており、実際忘れちゃいました。
英字無しで日本語だけならば名前も有名ですので問題なかったのに。
その会社の社名でリスティング広告をした場合の価格を調査しましたが
最低価格で済みました。

ほんのちょっとした事ですが、かなりの露出がある分
かなりの機会損失を生んでしまった例ではないかと思います。

Web側としても、キーワードからきた訪問者に対して
TOPページのみで対応するのではなく、ランディングページ、いわゆる
LPOを実施して、ユーザーによりマッチングした内容で
サイトから情報を提供する事がコンバージョンアップの一つの近道になります。


今後はTVでもインターネットが可能になってきます。
「検索してください」だけではなく、ほかの手法も登場すると思います。

しかし、真新しい手法にとらわれてしまって
実際のコンバージョンにつながる手段を誤ってしまうと
最大の効果を得られなくなってしまいます。

常に「効果の最大化」を考える事が、Webでの成果への第一歩になると思います。





« »

2007年5月19日

そもそも・・・〔最近の口癖です〕

最近、クライアント様との打ち合わせ中に、よく言ってしまう言葉がある。

「そもそも・・・・・ですよね。」

一番よくあるのは、目的を見失ってしまい、手段が先行するケース。

・リニューアルがしたいんです!
・リスティング広告を出稿したいんです!
・動画で見せたいんです!
・SNSが作りたいんです!

など、様々なご要望を頂いておりますが、全て“手段”ですよね。

そもそもの目的は、

・コンバージョン向上による反響の増加
・訪問者増加(アクセスアップ)
・一人あたりのPV増加による認知向上
・視覚効果による記憶形成
・コミュニケーション増によるロイヤリティの向上

など。

リニューアル(制作)することに固執してしまって、競合調査やターゲットの動向調査などの準備を怠ったり、リニューアルに予算を使ってしまって、運営時のプロモーションを全く考えてなかったなど、“リニューアルすることが目的”になっているお客様は非常に多く、ご注文を頂ける我々にとっては嬉しい限りですが、そもそもの目的を見失ってしまい、成果の上がらないプロジェクトになってしまう危険が予想されます。

(結果として成果が上がらなかった場合、またリニューアルしなければならない・・・と終わりの見えない状態に陥る、なんてことも。)


そんな嫌な未来が予想されてしまうので、打ち合わせの際には、「“そもそも・・・”」と発言してしまいます。

そもそも、制作することばかり提案する会社が多いことも原因のひとつなのですが。


本文中にありましたケースに、心当たりがある方に朗報です。2007年6月21日(木曜日)に「成功するWebサイトリニューアルの進め方」というセミナーをやります!今回は特別に無料で行ないます。(※ゲストに国内トップクラスのSEO業者フルスピードさんをお招きします)

まだ若干名の空きがあるようですので、お早めにお申込みください。





« »

2007年5月14日

他社のアクセスを調べる

他社のアクセスってどのくらいあるんだろう?
あのサイトってどこくらい見られているんだろう?

そういった疑問を持ったことございませんか?

競合を知ることも、自社サイト運営に重要なポイントだと私は考えます。

他社のアクセス状況を知る為のまず第一歩として
「アレクサ/Alexa」があります。

こちらは無料で使用できます。


こちらで何がわかるのかと申しますと
世界のウェブサイト上でのトラフィックの順位がわかります。
これは世界順位なので、あまり参考にならないケースが多いですが
ぺージビューはわかりますので、参考になると思います。

もっと精巧に、詳しく他社の情報が知りたい場合は
有料になってしまいますので
まずは他社のサイトをアレクサで調べてみましょう。

自社と比べてみることで、他社のプロモーション等の施策状況が気になってきます。
そこで、色々な面で競合についての興味がわいてきます。

もっと詳しいことはまた次回以降にご説明いたします。





« »

Recent Entries

  1. キーワードの調べ方
  2. TBS、ネットでプロ野球中継
  3. TVとWEB
  4. そもそも・・・〔最近の口癖です〕
  5. 他社のアクセスを調べる
  6. ウェブ?Web?
  7. グーグルアースで賞金100万円!
  8. Webby AwardsでWEBトレンドを。
  9. ライティングのこつ