お問合せ株式会社ジェイコス
TEL 03-5428-8733

Webコンサルティング会社、首都圏(東京)を中心に戦略的なホームページの制作、Webマーケティングをご提供

Webコンサルティング.jp HOME > Blog Top > 2007年11月

Profile

通称:株式会社ジェイコス
誕生日:2005年4月1日
出身地:三軒茶屋
現住所:麹町
職業:Webコンサルタント

2007年11月30日

学ぼうという意欲

11月28日に、株式会社モンスターズさんから依頼を受け、
学生向けの勉強会「Webマーケティングセミナー」にて講演させていただきました。

モンスターズカレッジ
http://www.monsters.co.jp/blog/

そこでは自分の学生に対する考え方を変えてしまうほど、
熱気にあふれ、積極的に学ぼうという姿勢の若者であふれており、
一生懸命メモをとる方もいれば、グループワークで斬新な
アイディアがたくさん飛び出すなど、とても有意義な時間でした。

講義の後の懇親会で、ちょっと偉そうですが、
「教えてもらえるということはとても貴重なのだよ」と話しました。

学生という立場では、あたりまえのように、
人からものを教えてもらるかも知れませんが、
社会人になるとそう簡単ではありません。

“教わる姿勢”よりも“学ぼうという意欲”が重要だと感じます。

教材はいたって身近にあるもの、
周囲の人間から社会にあるものすべてが教材。

今日も帰り道で、吊革広告のメッセージの裏側を暴いてやろうと思います。





« »

2007年11月28日

ブログの流入

弊社のこのブログを開設してから
約1年が経過しました。

色々な記事を書いてきましたが、直近1ヶ月のサーチワードを調べてみた所
ブログらしい、特徴が出てきました。

log.gif

こちらは、10月に弊社のブログにきたユーザーが
どのようなキーワードで検索してきたかを示すデータです。

こちらは、ほんの一部分のみで、全体の10%にも満たない数です。

非常に、ロングテールとなっています。
これを毎月検証しても同様の結果になります。

ブログの記事一つ一つが、サイトとして単体で集客を行える。

このブログの強みがはっきりとわかる結果だと思います。
様々なページが一つの流入窓口となってくれる。
その効果によって、裾野を広くユーザーへ対して訴求する事が可能になります。

ブログをビジネス上で使う場合h、ただ記事を書き込む事も重要ですが
自社の営業戦略に結びつくような内容、そして
記事のタイトル付けが重要になります。


そして、どんな記事がよく読まれているのか。
このブログでは以下の記事がよく読まれているデータがでております。

・SEO対策の基本

・Webサイトの画面サイズ

・チームワークの重要性


上記の記事が特によく読まれています。
SEO対策は、非常に人気がありますが、ユーザーの問題点として
制作するWebサイトの画面サイズを気にしての検索行動が
増えていると見ることができます。





« »

2007年11月24日

必然ではないユーザビリティ

よくサイトを制作する上で、ユーザビリティという言葉を使用します。
Web業界では「使いやすさ」や

国際規格上では

「特定の利用状況において、特定の利用者によって、
ある製品が、指定された目標を達成するために用いられる際の、
有効さ、効率、利用者の満足度の度合い」

と定義しております。

非常にサイトを使う側にとって、目的まで最短でたどり着けることは
重要であり、各企業の課題となっております。

様々なターゲットに対して、最適な使いやすさとは?を日々追求しています。

しかし、このユーザビリティも、サイトの特性によって
追求が逆効果になってしまうケースが出てくることも考慮しなくてはなりません。

サイト内の回遊性が重要なサイト、いわゆる「情報サイト」などです。
情報サイトや媒体などは、回遊性が高く、また企業として
広告収益を求めるため、サイトのPV数が非常に重要な事となります。


この場合はユーザーが欲しい情報を手に入れるだけで離脱されてしまっては
PVを稼げません。

ユーザーにとって付加情報を与え、サイト内を回遊してもらう事を
させなければなりません。
なので、ユーザーからしたら使いやすさが悪いかもしれません。

ゴールを最短で与えるだけがユーザビリティだけではなく
ユーザーにストレスなく、寄り道をさせてる必要があり
ストレスを与えない、寄り道の手法を利用する必要があります。

それがアマゾンに代表されるレコメンド機能であったり
サイト内に、常に関連するリンクを張ったりする事もひとつになります。

全てがユーザビリティに特化する必要ではないので
言葉だけに惑わされないようにしてください。





« »

2007年11月16日

SEO対策の基本

先日14日、弊社主催のセミナーを開催いたしました。

ご来場者の方々にも、ご好評をいただき
成功をおさめることが出来まして、セミナー担当者として
まずは、一安心というところです。

ご協力いただきました、関係者の皆様へ
この場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

さて、そのセミナーで、今回は「ゲスト講師」として
株式会社フルスピード社にお越しいただきました。

フルスピード社は今年8月にSEOを主力とする会社として
初の上場を果たた、現在最も勢いのあるネットベンチャー企業のうちの
1社だと思います。

そしてセミナーの講演内容は勿論、SEOについてです。


ついついSEO対策の情報といっても、どうせリンクでしょ?
などの情報が多いですが、セミナーでは、非常にわかりやすく
説明をしていただきましたので、少しご紹介します。

まず、SEO対策の内部対策は非常に重要だということ。

「知ってるよ」という方が多いですが、そのような方々が結果的には
内部対策をやり切れていない傾向にあるとの事です。

ただHTMLを入れるだけではなく
META情報についても、どういったキーワードであげたいのか、
また、その情報が、どういった結果で検索結果画面に表示されるのか。

そこまでしっかりと考える必要があります。
altタグや、下層ページからのリンクも同様です。

こちらは、検索結果ページです。
サイトの説明文の途中で「・・・」といった状態になっておると思います。

説明文が途中できれてしまって、わかりにくい状態になっています。
Yahoo!では、ディレクトリ登録の説明文を引用する仕様になっている為だからです。

そこで

このタグを入れる事で、ディスクリプションの説明文を
表示させる事が可能になります。

どんな高度の技術があっても、基本が大事になりますので
もういちど、自社のHTMLのソースチェックをしてみては如何でしょうか?

HTML、アクセシビリティ調査サービスはこちら





« »

2007年11月14日

ユニークなブログパーツ

こちらのブログパーツは「1-click Award」というコンテスト告知のバナーです。
(クリックに反応するインタラクティブ作品を募集しています)

おしりの部分をグサッと一撃クリックすると、
痛みのあまりおっさんはサイトを飛び出して、
ブログパーツが貼られているみなさんのサイトを次々と走り抜けます。

これを利用することで、他のサイトからの新たなアクセス増加も見込め、
最終的には、コンテストのページに誘導するようになっています。

クリエイティブとプロモーションがうまく絡んだ、有効な一例ですね。





« »

Recent Entries

  1. 学ぼうという意欲
  2. ブログの流入
  3. 必然ではないユーザビリティ
  4. SEO対策の基本
  5. ユニークなブログパーツ
  6. Facebook
  7. 検索結果ページ
  8. googleケータイ