お問合せ株式会社ジェイコス
TEL 03-5428-8733

Webコンサルティング会社、首都圏(東京)を中心に戦略的なホームページの制作、Webマーケティングをご提供

Webコンサルティング.jp HOME > Blog Top > 2008年8月

Profile

通称:株式会社ジェイコス
誕生日:2005年4月1日
出身地:三軒茶屋
現住所:麹町
職業:Webコンサルタント

2008年8月28日

ポストクリック(間接効果)について -その①-

Webプロモーションを実施しているが、費用対効果が本当に出ているのか?
リスティング広告をOvertureの管理画面上のコンバージョン数だけで判断していないか?

様々なWebプロモーションの効果測定ツールはクリック数であったり、コンバージョン数であったり
様々な機能が搭載されており、ユーザーにとっては使い勝手のよいプロモーションだと思う。


しかし、だからこそ、費用対効果を追いかけ、効率化を求めるあまり
成果が頭打ちになってしまうケースが多くなっているのも事実です。

弊社のWebコンサルティングはアクセスログ解析を中心としておりますが
プロモーションの効果測定と、Webサイトのアクセスログを融合させ結果として
どのように利益を生み出されているのかを把握し、その仮説にアイディアを加えます。


そんなコンサルティングの相談や依頼を受ける中で、最近は間接効果に注目が
集まっているようです。



そもそもポストクリック効果とは
私がユーザーだとして

①バナー広告やリスティング広告をクリック

②広告主のサイトへ遷移し、その後の行動

こちらがいわゆるポストクリックですが
この行動の後に、再度サイトに訪れ、コンバージョンに到る効果の事をいいます。

Overtureと仮定してご説明しますと

①Yahoo!で「Webコンサルティング」と検索し、スポンサーサイトで広告をクリック

②広告主のサイトへ遷移するも、問合せはしないが気になったのでブックマーク。

③1週間後、色々調べたけどやっぱり決まらないな。。。ブックマークしておいたサイトを
 見てみよう!

④再度広告主のサイトへ訪れる。

⑤そこで、きゃんぺーンやってるじゃん!問合せ!

と、これを広告主側からすると「Webコンサルティング」というキーワードを100円で入札し
広告を出していたとします。

しかし結果としてOvertureには「Webコンサルティング」1クリック 消化100円となるだけで
コンバージョンに計上されません。

しかし、ユーザーを追ってみると広告をクリックした結果、コンバージョンに到っているので
100円の効果があったと言う事です。

このように初回訪問のデータはとれますが、間接的なデータが効果測定ツールでは取りにくいです。
それをアクセスログ解析などから調査する事でまた違った結果が見えてきます。


例えばやたらとクリックされるが、コンバージョンには到っていないキーワードというのは
リスティング広告では効率の悪いキーワードといて切り捨てられやすいです。
間違ってはいませんが、そのキーワードがどのような"効果"を生んでいたのかを
調査し、その結果を見てから判断するのでも、遅くはありません。

Webコンサルタント 佐藤 司

ブックマークに追加する          

Yahoo!ブックマークに登録

RSSリーダーへワンクリックで登録!

登録したいRSSリーダーのアイコンをクリックしてください

Googleへ追加myyahooへ追加Sleipnir に追加
Bloglinesへ追加はてなRSSへ追加
Livedoorリーダーへ追加goo RSSリーダーへ追加エキサイトリーダーに登録














« »

2008年8月27日

錯覚を利用した表現|The Horse in Motion

今回ご紹介するのは、目の錯覚を利用したサイトです。

ブラウザのサイズを変更すると、前面のストライプから背面の画像が見え隠れし

馬が動いているかのような視覚効果を表現しています。

Web上でアナログ的な表現が実現されることで

新鮮な驚きと面白さを感じさせてくれます。

 

>> The Horse in Motion





« »

2008年8月22日

Web制作時の忘れがちなこと。~テキストルールやファイル名~

Webサイトを構築する場合、自社で行うケース、アウトソースするケースがあると思います。

進め方としては、

企画立案 → サイトマップ → 設計 → デザイン → コーディング → アップ

このような流れが大まかですが多いと思います。
その間に用意される資料としては

企画書 → サイトマップ → ワイヤーフレーム → デザインカンプ → プログラム仕様書

このような内容が多いと思います。
しかし、構築も追い込み時に「あれ?これって?」という決め事を忘れている企業様が多いです。

■「テキストルール」
例えば「お問合せ」についても読み仮名を「お問い合せ」とするのか?
英数字は半角を使うのか、「WEB」とするのか、「Web」とするのかなどバラバラだと
後の校正時に余計な工数、手間がかかりますので、良く使う言葉については必ず
ルールを決めて、作成する必要があります。

Webサイトを構築する場合、多くの部署間の人間が関わったり
制作会社でも、ディレクターとライターが関わったりと複数の人間が関わる場合
このようなルールが後々の手間を削減する要素になります。


■「ファイル名」
大規模のサイトになればなるほどディレクトリ名を決めるルールが必要になります。
サイトの「コンテンツカテゴリ名」+「数字」とするのか、コンテンツタイトルの「ローマ字」とするのか。
ディレクトリ名はコンテンツの管理にも非常に役立ちます。

サイトを追加、更新する際に違う制作者や、時間があいてしまった場合など
この名称決めのルールが決まっていないと、最初は会社概要など「company」と
英字表示にしていたのに途中から「jisseki」などローマ字表記になるなど
ごちゃごちゃになるとサイトの追加、更新がスムーズにいかなくなる事が多くなります。

またSEOとしての効果にもつながります。
検索エンジンはファイル名を読み込む場合もあります。
劇的な効果は見込めずとも、必ず行う作業をルール化し、一度行うだけで
SEO対策にもなるのであれば、行う方が良いと思いませんか?

当然ディレクトリ名を決める際も同じ事が言えます。

このようにあまり気にしない部分でも、一度ルールを決める事で
制作時の負担軽減、またWebサイト公開後の運用作業での負担軽減にも
つながるという事です。

Webコンサルタント 佐藤 司

ブックマークに追加する          

Yahoo!ブックマークに登録

RSSリーダーへワンクリックで登録!

登録したいRSSリーダーのアイコンをクリックしてください

Googleへ追加myyahooへ追加Sleipnir に追加
Bloglinesへ追加はてなRSSへ追加
Livedoorリーダーへ追加goo RSSリーダーへ追加エキサイトリーダーに登録







« »

2008年8月21日

Flashが検索にヒットしやすくなる!?

Flash開発アプリケーションを提供しているアドビシステムズは

すべてのswfコンテンツが検索されやすくするためにGoogleやYahoo!と協力して

検索性能を高めるソリューションを開発したとのことです。

 

今回の取り組みでは、swfコンテンツ内のダイナミックテキストやリンク検索が

改善されつつあり、精度の高い検索結果が得られる可能性が出てきました。

 

>> Flash Playerデベロッパーセンター





« »

2008年8月12日

文字の表現 | G+WD

今回ご紹介するのは、個人で運営されているアート作品です。

このサイトでは、装飾的な素材を組み合わせて

いろいろな単語に変化するアニメーションを作り出しています。

各単語の意味に合わせて変化する動きが面白く

つい見入ってしまう魅力があります。

 

>> G+WD TAKASHI OKADA





« »