お問合せ株式会社ジェイコス
TEL 03-5428-8733

Webコンサルティング会社、首都圏(東京)を中心に戦略的なホームページの制作、Webマーケティングをご提供

Webコンサルティング.jp HOME > Blog Top > 2009年2月

Profile

通称:株式会社ジェイコス
誕生日:2005年4月1日
出身地:三軒茶屋
現住所:麹町
職業:Webコンサルタント

2009年2月24日

コンサルタントから見た、よくあるWeb戦略に対する勘違い。


さすがにちょっと前の「インターネットは魔法のよう」といったお金が簡単にうまれる!といった事を考える方はいらっしゃらないです。

が、、、まだまだあります。
発注する側も、発注される側もありがちな勘違い。

よくある声を参考にいくつかをまとめました。

【サイトを作って終わりじゃない事はわかってる・・・けど実際は?】

さすがに作って終わりじゃダメだ!と認識される方が多くなってきております。
それは一度失敗しているからだと思います。
しかし、現実はどうでしょうか?認識だけあって身が伴いません。

リスティング広告やってるから大丈夫、SEO対策してるから大丈夫。
でも結果が出ません。制作に数百万、広告にも費用を投下している。

このケースであまりうまくいかない企業は大概が業者任せです。
短納期で制作を発注し、言いたい事を言い、広告も代理店に任せっぱなし。これではうまくいきません。

一番大事なのは、社内の体制をしっかりと確立させる事です。
現場の人間や、業者担当が一切の権限がなく、ただの窓口になっていませんか?
打合せにも参加せず、出てきたサイトをパッと見て、「ここが違う」「ダメだ」と言っていませんか?

業者 ⇔ 担当 ⇔ 上長

ざっくりと上記のような図式が成り立つと思いますが大事なのは担当の責任と権限です。
明確にミッションと責任を与える事で、業者とのやり取りも円滑になります。
特に企業戦略上で、短い納期や、低予算が必要となるときに担当に対して「これでなんとかしろ」と伝えていませんか?
きちんと、明確な戦略と実情を伝え、共通認識を持って取り組んでもらう事が一番の成功の近道になります。

リスティング広告や、SEO、コンテンツ制作などはあくまで手段でしかありません。


【提案を待つだけの姿勢】

よく聞く失敗した業者への不満点です。「提案が無い」
確かに、提案は重要になります。しかし、蓋をあけてみるとクライアント側は何もしていないケースも目立ちます。
ただただ待っているだけで、提案が無いと言われたら、どの業者でも失敗しますよと間違いなく伝えます。

あくまでそのWebサイトを利用して目的を達成しなくてはいけないのはクライアントなのです。
その目的も伝えず、現状も伝えずにただ「提案を持ってきて」というのは虫のいい話ですし、そんな状態で持ってきた提案がどれだけ精度の高いものでしょうか。

極論でいえば、何も動かないクライアントの為に、Web戦略を一から構築し、提案するくらいならその事業を自社でもっと練りあげ実行した方が自社利益になる可能性は高いです。

失敗してきたクライアントに対してまず伝える事があるとしたら
自社で、担当としてWebを通じて、どんな目的を達成したいのかという事です。

それも「問合せが欲しい」じゃダメです。

どんな顧客から、何のサービス(商品・製品)に対しての問合せが欲しいのか。
その為には、どのようなターゲットを設定しなくてはいけないのか。

TOPページにあれこれ詰め込みたい、サイトにあれこれ詰め込みたいというのは上記の事が出来ていないケースが多いです。実際はもっともっと掘り下げる必要があります。

そしてそれを、メールでもいいです、pptファイルでもいいですので関係者全員に配りましょう。
共通の詳細なゴールイメージを共有する事で、進行を円滑に進める事ができます。



まとめると、担当者の意識の高さ。

これがない限り、最高の結果を出す可能性が低くなってしまうという事です。
知識や知恵、技術が必要という事ではありません。
それは外部の業者に頼ってください。

必要なのは意識の高さ、責任、そして社内の管理です。
社内関係者の認識を共有する役目も、担当者です。それを業者へ伝えるのも担当者です。
外部業者との認識を共有する役目も、担当者です。それを社内関係者へ伝えるのも担当者です。

それは担当者自身だけではなく、上長や、幹部、経営者にもとっても言える事です。
ただただ担当者に丸投げをし、最後の最後で「ダメだ」「こうしろ、ああしろ」というのは簡単です。これは悪しき習慣だと思います。
しかし、どうしても必要なケースもあると思います。その際は、納得するまで伝える事を怠らないようにしてください。
「やれ」「仕方ないだろ」ではなく、意識を共有できるように、伝える事が重要です。

Webは知識と技術でどうにかなるものではなく、そこにいる「人間」で成功への道のりが変わってくるという事です。


Webコンサルタント 佐藤司

↓ お好きなRSSリーダーへワンクリックで登録できます ↓          

Yahoo!ブックマークに登録  Googleへ追加   Sleipnir に追加   はてなRSSへ追加

Livedoorリーダーへ追加    goo RSSリーダーへ追加    エキサイトリーダーに登録















« »

2009年2月 3日

アクセスログ解析サービスの選び方

アクセスログ解析ツールといえば、何が思い浮かびますでしょうか?

あれもこれもあってどれを選べばいいんだろう?
取り合えずGoogleAnalyticsでイイや無料だし。

あながち間違ってはいません。
GoogleAnalyticsは非常に優れたツールであります。
デメリットも結構ありますが、それを補って余るくらいの機能です。

しかし、ツールを選んで満足していませんか?
ツールはあくまでツールです。活用できなければお金も無駄になります。
ツールから出るデータを分析するにはそれなりの知識と経験が必要になります。
そのために、現在Webコンサルタントという職種が求人募集が多くなっています。
"営業"ではない仮説、検証のできる"webコンサルタント"に依頼する必要があります。


様々なWeb制作会社がアクセスログ解析についてレポートします、
診断しますというサービスを次々と始めています。

そこで、ツールの進化に伴う、アクセスログ解析サービス(いわゆるレポートです)の
選び方をいくつかご紹介します。

まず、最初に必要な事はその会社の実績を確認します

①実績の確認

これはそのレポートの実績でなくて構いません、あくまで制作実績でOKです。
レポートというのは企業の情報が詰っているものですので守秘義務が
多く企業名を出す事は殆ど出来ません。
弊社でも多くの企業のWebサイトのログ解析を担当しておりますが、
基本的にその企業名を始め、どれだけ結果が出たなど、
内容は一切口外しておりません。

ですので、制作実績で構いませんので、どれだけのサイトを作ったのか、
そしてその取引が直接の取引だったのか、代理店を経由したのかを確認してください。
代理店経由の制作というのはデザイン制作の色合いが強いです。
その企画工程や戦略工程においては代理店が決めておりませんので
戦略や改善を「考える」力が直取引に比べて劣る傾向にあります。
(一概には言えませんので、しっかりと相手と話をしてみてください)




②担当者の説明

次に重要なのは担当者の説明力です。
アクセスログ解析のレポートを作成するのは
極端に言ってしまえば誰でもできます。
今はツールが大半の数字は集計してくれますし
(一部にはこの集計を並べただけのサービスの会社もありますのでよく調べてください)

その数字から”何を”読み取り”どのように”改善をするのかを
仮説を立てられる担当者、そしてそれを説明できる担当者に
レポートしてもらう必要があります。聞く側も理解して納得できないと、
その改善は実行されないので、結果としてアクセスログ解析を
やった事自体が無駄になります。

企業側の社員のWebリテラシーに合わせて
説明をできる担当者を見つけてください。


③サンプルの提供が出来る。

Web上に公開してある必要はありません。発注をする前に1度でも
サンプルを見せてもらえる会社です。恐らく大半の会社がサンプルは持っているでしょう。
そこでそのサンプルの内容がどのような内容かも重要です。

アクセスログ解析は一辺倒な分析や仮説ができるものではありません、
Webサイトの性質、ターゲット、状態、目的などで着手する順番も変わってきます。
サンプルを見たときにガッシリと出来上がっているようなサンプルを
見せてくるサービスではなく、サンプルとしての魅力は少ないかもしれませんが、
その裏に魅力があるはずです。


④価格

アクセスログ解析の作業とはその担当の頭脳になりますので、
自動で行えるものではありません。
その人間が動いた時間に対して費用がかかります。
ですので、見積を見た際に「高い」という印象を得るかもしれません。
しかしWebサイトを制作する際には数百万といった金額を投資するはずです。
確実にこうだ!という事ではありませんが、価格が驚くほど低いサービスは
数字を集計しただけのレポートであったり、その後のリニューアル制作を
請負う為だけの営業的なものになっている可能性があります。

あくまでアクセスログ解析とは第3者の視点から分析されないといけないません。

安かろう悪かろうでもなく、高い程良いという訳でもありませんが、
一つの指標として見てもらうと良いかもしれません。



⑤継続性

継続性を説明しないサービスも如何なものかと思います。
アクセスログ解析は仮説・実行・検証の繰り返しです。
1回レポートしたら、必ず新たな改善点や仮説がうまれます。
改善を行っても、その改善がどのくらい効果があったのか、
その改善を行った事で、違う部分に綻びが出ていないかなど
検証する必要があります。

企業として実施する、しないは別ですがサービスの説明として
継続を説明、アピールは必要です。


上記は代表的なポイントを説明していますので、企業によっては
独自の視点があると思います。
あくまでこのポイントは”参考”として考えていただき
最適にアクセスログ解析を行い、より良いWebサイト運営を行ってください。


Webコンサルタント 佐藤司

ブックマークに追加する          

Yahoo!ブックマークに登録

RSSリーダーへワンクリックで登録!

登録したいRSSリーダーのアイコンをクリックしてください

Googleへ追加 myyahooへ追加Sleipnir に追加
Bloglinesへ追加はてなRSSへ追加
Livedoorリーダーへ追加goo RSSリーダーへ追加エキサイトリーダーに登録







« »

Recent Entries

  1. コンサルタントから見た、よくあるWeb戦略に対する勘違い。
  2. アクセスログ解析サービスの選び方