お問合せ株式会社ジェイコス
TEL 03-5428-8733

Webコンサルティング会社、首都圏(東京)を中心に戦略的なホームページの制作、Webマーケティングをご提供

Webコンサルティング.jp HOME > Blog Top > 2010年1月

Profile

通称:株式会社ジェイコス
誕生日:2005年4月1日
出身地:三軒茶屋
現住所:麹町
職業:Webコンサルタント

2010年1月28日

GoogleAnalyticsの利用制限


無料で数多くの機能が搭載されているアクセスログ解析ツール

「GoogleAnalytics」

無料でなんでもできるのか~と思っていたら、それは正解ではありません。
それなりに制限というものがありますので、その制限を知った上で利用をしましょう。


■無料で使えるのは500万PVまで
月間PVの合計が500万まではAnalyticsは無料で使えます。各サイト毎に500万PVではなく、アカウント毎なのでご注意ください。ただし、AdWordsを使っていればPV制限はありません。


■コンテンツ上位を確認すると(other)が表示される
1日に5万エントリーが上限のようです。
5万エントリー目からが(other)になる、つまり、49,999エントリーまでしか表示できないようです。これは、URLだけではなく、キーワードなどもこの限界値があるようです。
※合算値ではなく、URLはURLだけということのようです。



大規模サイトを運用している企業以外は、特に該当する事はないと思います。
該当するサイトを運用している場合は、対策としては「プロファイルを分ける」のが一番かと思います。

動的で多くのパラメータが記録されているケースであればカスタムフィルタでパラメータを一つにまとめるという方法が良いようです。


該当する方はご注意ください。

Webコンサルタント 佐藤司

↓ お好きなRSSリーダーへワンクリックで登録できます ↓       ~    

Yahoo!ブックマークに登録  Googleへ追加   Sleipnir に追加   はてなRSSへ追加 

Livedoorリーダーへ追加    goo RSSリーダーへ追加    エキサイトリーダーに登録






« »

2010年1月 6日

収益と利益の違い

社内の打ち合わせで出てくる言葉で「利益」がありませんか?

と、同時に「収益」という言葉も飛び交っていると思います。



この違いわかりますか?


利益は知っているという人は多いかと思います。

では、100万円の商品が売れたとします。

売上は100万円ですよね。


その商品を売るために広告費、人件費が各々5万円ずつ、計10万円かかっているとします。


そして商品自体20万円の原価がかかっているとした場合




利益は70万円になります。




では、この商品の収益は答えることができますか?





答えとしては、収益は100万円です。


この場合、考え方は大きく3つにわかれます。


■収益 100万円
■費用 30万円
■利益 70万円

です。

収益とは商品を売ったときの売上高、預金などの受取利息など、儲け(収入)といわれるものです


費用とは、商品の原価(仕入など)、従業員の給与、経費や、支払利息等を費用の事です。


利益とは収益-費用=利益です。



収益>費用ならば「利益が出た」ということになります。
収益<費用ならば「損失が出た」ということになります。




会計上の言葉ですが、使用する場合は意味を知るだけではなく理解をする事が大事になりますし、知っておいて無駄な知識ではありません。




弊社ではお客様のWebから利益を創ることをコンセプトとしたWebコンサルティングを提供しております。


Webコンサルタント 佐藤司

↓ お好きなRSSリーダーへワンクリックで登録できます ↓       ~    

Yahoo!ブックマークに登録  Googleへ追加   Sleipnir に追加   はてなRSSへ追加 

Livedoorリーダーへ追加    goo RSSリーダーへ追加    エキサイトリーダーに登録






« »

2010年1月 5日

2010年 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

一昨年からの厳しい市況はまだ続くようですが、
より高いレベルで皆様のWebマーケティングをご支援し、
結果(成果)としてお力添えが出来ますよう尽力して参ります。

どうか本年も変わらぬご厚情と、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、
宜しくお願い申し上げます。




« »

Recent Entries

  1. GoogleAnalyticsの利用制限
  2. 収益と利益の違い
  3. 2010年 新年のご挨拶