お問合せ株式会社ジェイコス
TEL 03-5428-8733

Webコンサルティング会社、首都圏(東京)を中心に戦略的なホームページの制作、Webマーケティングをご提供

Webコンサルティング.jp HOME > Blog Top > 2010年2月

Profile

通称:株式会社ジェイコス
誕生日:2005年4月1日
出身地:三軒茶屋
現住所:麹町
職業:Webコンサルタント

2010年2月25日

「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」書評

弊社のセミナーなどでもお付き合いさせて頂いている、
株式会社ECstudioの山本社長が出版された本
「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」を献本頂き、読ませていただきました。

内容は、タイトルにある"Twitter"と"iPhone"に加え、
"Google Apps"を利用することでの、効率的かつ色濃いコミュニケーションや
それらIT経営によるコスト面でのメリットが伺えました。

前回のブログで、「Webマーケティング症候群? 」という
記事を書いたときにも思いましたが、
新しい技術やサービスを利用過多になってしまう傾向がある中で、
本質を理解したうえで活用する優れた実用例なのではと思います。

数年前にこちらからアプローチをさせて頂いたのがきっかけだったのですが
発想や技術力にあわせて、PRの自力も強く、インターネットをうまく活用し
とても勢いのある会社様です。

出版記念パーティーにもご招待いただきましたが、
サプライズ(奥様の手紙)には感動も!

他にも、気になっている方との名刺交換の機会もいただけ、
とても有意義な会になりました。

この場を借りて、感謝申し上げます。





« »

2010年2月19日

Webマーケティング症候群?

先日お伺いしたお客様で"Webマーケティング症候群"なる言葉が流行りました。

そのお客様は、Web専任の方ではなく事業企画の部署の方です。

●定期的な作業として
・ブログの更新(ほぼ毎日)
・Twitterの更新(ほぼ毎時間)
・メルマガの配信(週2回)
・アクセスログ解析(毎日チェック)

●その都度の作業として
・プレスリリース
・制作会社へのディレクション
・社内へのディレクション

お一人で(しかも選任でなく)頑張っていらっしゃるなと感じながら、
『何がお困りですか?』と質問させていただいたところ、

「効果があるのかわからないのに、作業ばっかりでうんざりしている」とのこと。

また、
「記事のネタも荒い気がして困っている(じっくり考える時間がない)」
「アクセスログを見てもなにをしていいのかわからない(分析する時間がない)」
「やりたいこと(リッチコンテンツやインタラクティブなもの)ができていない」
「本業(事業企画)がおろそかになってしまっている」
とも。

何をどう整理すればいいのか解らずに
延々と作業ばかりが重なっていって、それに追われてしまっていると。

『一旦立ち止まって、整理してみましょうか?』と申し出たところ、

「Webは次から次へと最新の流行が出てくるから、
 "やらないとまずいのでは?"という思いに駆られて立ち止まれないんです」とのこと。

同じような想いをしていらっしゃるWeb担当者様も
いらっしゃるのではと思います。

このお客様とは、まずは効果測定とコンテンツの診断をしっかり行うことにし、
その上で、必要な作業とそうでない作業の見極めを行います。

また、役割を明確にすることと作業の優先順位をつけること、
それらを最適な方法(アウトソーシングも視野に)で運用するための
ワークフローの策定から実施まで行うことに。

お客様は、「まるでお医者さんのようですね(笑)」と仰られ、
Webマーケティング症候群の治療を始めることになりました。





« »

2010年2月 9日

Webコンサルティングの料金(費用)はどこから掛かる?

先日、弊社のWebサイト「Webコンサルティング.jp」にある、
無料相談のコンテンツから、お問い合わせいただいたお客様のもとへご訪問しました。

現状のWebマーケティングの状況をお伺いしていると、
浮き彫りになっている課題が明確だったので、
今直ぐにできる解決策をお話させていただきました。

その際に、そのお客様から
『今の話、、、いや、今日お話するのは無料なんですよね?』とご質問いただきました。

「もちろんです」とお答えしながら、
「なぜそのようなご質問をされたのですか?」とお聞きしました。

そのお客様がおっしゃっていたのは、
他のWebコンサルティング会社にも同じように問い合わせたところ、
「1時間○○円からお話をお聞きできます。」と提示されたとか。

それぞれの会社様の方針や価値感があると思いますので、
一概には言えませんが、"話を聞く"ということに
対価を求めるということに少し驚きました。

当然私共も、ボランティアで活動しているわけではないので、
費用を頂戴しますが、それは"生み出す"ことで頂けるギャランティーであって、
初回1時間のお話の中で、お客様のニーズやWebサイトの課題を明確につかみ、
解決策をご提示できるとは思えません。

ホームページの制作であれば何を制作したのか、
カメラマンであれば何カット(あるいはどのくらいの時間)撮影するのか、
など価値がわかりやすいのですが、コンサルティングの価値と費用に関しては、
非常に解りづらいことで、さまざまな手法(悪しき?)があるのではないかと思いました。

Webコンサルティングの価値を明確にし、それに見合った料金(費用)を
解りやすく提示できるようにしたいと改めて思いました。

※ 当社への相談は当然無料です!





« »

Recent Entries

  1. 「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」書評
  2. Webマーケティング症候群?
  3. Webコンサルティングの料金(費用)はどこから掛かる?