お問合せ株式会社ジェイコス
TEL 03-5428-8733

Webコンサルティング会社、首都圏(東京)を中心に戦略的なホームページの制作、Webマーケティングをご提供

Webコンサルティング.jp HOME > Blog Top > 2010年10月

Profile

通称:株式会社ジェイコス
誕生日:2005年4月1日
出身地:三軒茶屋
現住所:麹町
職業:Webコンサルタント

2010年10月25日

自社のホームページをリニューアルして、終わり。 ~失敗例から学ぶWebマーケティング

【投稿いただいた失敗談】

前担当者が自社のサイトリニューアルを担当し(上半期を利用していた)下期から社内異動で私が担当になりました。運用を実行すべく、今期の予算を確認したら殆ど残っていませんでした・・・それなのにリニューアル時にかかげた目標にはまだ未達の状態です。どのようにすすめるのが良いのでしょうか。

【Webコンサルタント コメント】

下期で担当が変わり、前任者が関係ない部署へ異動してしまうという社内組織の動き自体が特殊なケースです。

このようなケースの場合はまず使える予算を確認します(当然ですね)

その中で、使い道を工夫する必要があります。

まずリニューアルをしっぱなしの場合によくあるケースとしては、他にもツールなどランニングコストをかけてしまっている場合がありますので、そちらをチェックします。
便利なツールでも、集客面などが充実しないと不要なコストとなってしまいます。

ランニングでかかっている費用や、制作会社に管理費としてお支払いしている費用の内訳を確認し少しでも予算を捻出します。弊社ではその際の交渉のお手伝いをするケースもございます。


また合わせて自社内で簡潔できる作業や、無料のツールなどを調査します。
追加予算が難しい、やりくりもできないくらい予算が無い場合は実費をかけずに自ら実施するしかありません。無料でも出来ることはたくさんありますので、リストアップし作業可能範囲を設定いたします。


すでに予算を使いきってしまって全く残っていない(レアなケース)という場合などは正直来期の予算取りを目指して地道な運用しつつ、計画を練ります。


今回のケースではそもそも投稿いただいた方の前任者の予算の取り方、使い方に問題があります。

WebサイトはWebマーケティングの一環であり、予算はWebマーケティングとして考えるべきなのです。
その中には大まかには下記の項目として予算組みをします。

・制作費(リニューアルや、LP、コンテンツ制作)
・運用費(サイト更新や追加ページ)
・管理費(サーバやツール)
・広告費(SEM、DMなど)
・コンサルティング費(できればお願いします)
・その他

企業や部門によっては全く違うケースもありますのであくまで一例です。

このような項目で予算を考えればリニューアルして予算がなくなりました、という事は起きる筈がありません。

私は「リニューアルはスタートです」とよくお客さまへお伝えいたします。
「リニューアルに多額の費用をかけるくらいなら、運用に予算を多く残してください。」ともお伝えします。

弊社では予算取りの際のシミュレーション作りや予算分配などのご相談も受けております。
第3者機関として意見を述べさせていただき、アドバイスをすることで、社内稟議も通りやすくなり、かつ翌年のWebマーケティングの運用が成功に近づける可能性があがります。



---
弊社ではWebマーケティングの失敗談を募集しています。
失敗は成功の元となります。投稿していただいた内容に対し、弊社Webコンサルタントからコメントをつけさせていただいておりますので、ぜひ投稿してください。
 




« »

2010年10月 8日

Web制作会社との違い

Webコンサルティング(Webコンサルタント)を名乗っていても、
結局のところ、制作やツール・サービスの営業が目的の会社様が多いようで、

「結局、Webサイト制作の提案か・・・」
「外部リンクを売りたいんでしょ・・・」

など、いやな想いをされた方も多いようです。

そのようなお客様が、私どもにお問い合わせいただいた際に、
我々のスタンスやスタイルをお話させていただくと、驚かれるケースがあります。

『制作は行いません。』
『ツールやサービスを販売することはいたしません』
(ケースにもよりますが)

我々JCOSのWebコンサルティングにおけるポリシーは、
"クライアントの目的を達成するためのソリューションの提案に徹底する"ことが始まりであり、
自社の商品や利益を最重視しておりません。

制作会社さんは、制作することで売上(利益)を立てていますので、
当然制作物を提案しなければなりません。

SEO会社であれば、SEOにて利益の上がることを提案しなければなりません。

"お客様のために"と本当に言い切るのなら、
「私どもではなく、別の●●へご依頼されたほうが良いです」(極端なケース)と
ご提案することになります。

我々JCOSのWebコンサルティングは、そのスタンスから始まります。





« »

Recent Entries

  1. 自社のホームページをリニューアルして、終わり。 ~失敗例から学ぶWebマーケティング
  2. Web制作会社との違い