お問合せ株式会社ジェイコス
TEL 03-5428-8733

Webコンサルティング会社、首都圏(東京)を中心に戦略的なホームページの制作、Webマーケティングをご提供

Webコンサルティング.jp HOME > Blog Top > 2011年3月

Profile

通称:株式会社ジェイコス
誕生日:2005年4月1日
出身地:三軒茶屋
現住所:麹町
職業:Webコンサルタント

2011年3月30日

5~12歳の子供、7%がスマートフォンを所持

こんにちわ!内定者の武井です。
Webに関連するニュースを取り上げ、考察するエントリーをしていきます。


まだ、"おじいちゃん携帯" の武井です。

アイフォンやスマートフォンではないガラケーのことを"おじいちゃん携帯" 若しくは"おばあちゃん携帯" というそうです。

確かに、周りでアイフォンやスマートフォンが普及してきた感はありますが、まだまだ移行は進んでいないと思いながら調べてみました。

2010年9月 8.2%
2011年1月 16.8%

結構増えてきていますね。

私の周りでは、ここ1~2ヶ月でスマートフォン等に替えている人が多い気もします。


本日のニュースは、子供の携帯電話保有率の話です。


5~12歳、小学生以下の子供の携帯電話保有率が、なんと24.6%!!

4人に1人は持っているということになります。

その中の7%はスマートフォンをもっているそうです!


今時の小学生は、任天堂DSやPSP等のゲーム機は当たり前で、携帯電話も普及していくのか・・・。

私の小学生時代はポケモン世代で、ゲームボーイが欲しくて、うらやましかったのを思い出します。


閑話休題


記事によると、

 メディアインタラクティブは、子供の携帯電話利用に関するインターネット調査の結果を発表した。携帯電話を利用する子供のうち、7%がスマートフォンを所持しているという。

l_sa_smp001.jpg

子供の携帯電話の所持率(画面=左)と、スマートフォンの所持率(画面=右)


 調査は3月11日~14日、全国の5~12歳の子供を持つ親1400人に対して、同社運営のサイトで行われた。携帯電話の保有率は24.6%で、携帯電話を持たせている理由としては「どこにいても連絡がとれるように」が76.7%、「防犯対策」が43.0%、「GPS機能で居場所を確認するため」が32.6%などとなった一方、持たせない理由として「まだ早いと考えている」が92.2%、「金銭的な問題」が26.8%となった。

l_sa_smp03.jpg

 携帯電話を持たせない理由


 スマートフォンユーザーは、携帯を持つ子供のうち7%となった。同社では、1月に実施した大人を含むスマートフォン所有率が16.8%であった、と指摘し、子供たちの間でも普及が急速に進んでいるとした。

 このほか有害サイトへの対策として、フィルタリングサービスの利用者は28.5%となった。子供の携帯電話にかかる月額利用料として、32.6%が0円~999円、1000円~1999円が24.1%となり、同社では「半数以上が2000円未満、7割強が3000円未満となった。各社の家族向け割引や通話のみのプランが影響していると思われる」と分析している。

 

l_sa_smp02.jpg

子供の1カ月あたりの利用料金


 なお、フィルタリングサービスの利用者は28.5%と、まだ普及が進んでいない模様。他方で「親の監視」が12.8%、「家族内でのルール決め」が25.6%、「インターネットへの接続をさせない」が24.1%など、家族ごとに対策を講じている様子もうかがえるhttp://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1103/28/news060.html#l_sa_smp03.jpg


小学生から携帯電話を持たせるには、多くの親御様は「まだ早い」思っているみたいでなんだかホッとしました。

スマートフォンを企業で活用しようという動きも出てきていて、今後も普及していきそうですね。

ただ、スマートフォンに限らずセキュリティの問題は考えなければならない。

持たせることによる安心と弊害・・・難しい問題ですよね。


私ももっと勉強にしたいと思います!





« »

2011年3月29日

一番節電できるブラウザとは。

こんにちわ!内定者の武井です。
Webに関連するニュースを取り上げ、考察するエントリーをしていきます。


東北関東大震災からもうすぐ3週間が経とうとしている。


未だ復旧が進まない地域も多々ある。

特に福島原発付近は全く手付かず。

早期の復旧・復興を祈るばかりだ。


被災地の実際を伝えることはとても大切だし意義があることなのだろうが、家族を亡くされた方や未だ行方不明の人を必死に探す方に、執拗なまでに質問し報道する意味はあるのだろうか、と考えてしまいます。

そっとしておいてあげて欲しいと思うのは私だけでしょうか。

他にできることを考えていかなければなりませんね。



さて、今日のニュースは、どの企業にも必ずあるPC。そのブラウザに関する記事を取り上げます。


記事によると、

 米MicrosoftのInternet Explorer(IE)公式ブログ「ieblog」は28日、IE9が他のメジャーブラウザーと比較して消費電力が少ないとする計測結果データを公開した。

 比較対象となったブラウザーはIE9の他、Firefox 4、Chrome 10、Opera 11、Safari 5。調査では、IE9の消費電力が最も少なく、次いで僅差でFirefox 4、少し離れてChrome 10、Safari 5、Opera 11の順番だったという。

 ブラウザーのみの消費電力を測定することは非常に難しく、IE開発チームでも正確さを期すために様々な工夫を凝らしている。それだけに、今後他社から測定方法や、採用した測定方法のシナリオ、使用OSなどに対して意見が出てくる来る可能性もある。しかし日本で節電に各人が工夫を凝らし、海外でもエネルギー問題に注目が集まる中、一つの参考データにはなりそうだ。

 なお、IE9は3月15日に日本を除く39言語で公開されているが、日本では3月11日に発生した東北関東大震災のため、ネットワーク負荷軽減、節電への配慮のために日本語版公開が延期されている状態だ。

ieblog1.png

空白ページ表示時の消費電力(ieblogより引用)

 空白ページの消費電力では、Opera 11のみが他のブラウザーに比べて5%程消費電力が大きかったが、さほどの違いは現れなかった。

ieblog2.png

ニュースサイト表示時の消費電力(ieblogより引用)

 人気ニュースサイトの測定では、電力の消費傾向に顕著な違いが表れた。IE9とFirefox 4、Safari 5は比較的似た電力消費の傾向を示したこのシナリオでシステムの消費電力を比較すると、Chrome 10では13.561ワット、Opera 11が12.833ワット、Safari 5が12.060ワット、Firefox 4が11.8305ワット、最も消費電力が少なかったのはIE9の11.728ワットだった。

ieblog3.png
平均的なノートPCを使用した場合の推定バッテリー接続時間(ieblogより引用)

 Microsoftでは、平均的なノートPCに使用される56Whバッテリーを使用した場合のバッテリー持続時間を、このデータに基づいて予測した結果、IE9では3.45時間、Firefox 4が3.35時間、Chrome 10が2.56時間、Safari 5が2.55時間、Opera 11が2.43時間と推定している。 


記事にあるとおり、東北関東大震災の影響で、Internet Explorer(IE)9の日本語版公開は延期されています。


公開されたら、また取り上げたいと思います。







« »

2011年3月23日

東日本大震災の消息情報チャンネルを見て下さい。

こんにちわ!内定者の武井です。
Webに関連するニュースを取り上げ、考察するエントリーをしていきます。



Google Person Finder(グーグルパーソンファインダー)」は、東日本大震災の被災者の消息情報を検索できるツールです。
携帯電話各社が提供している「災害用伝言板」の情報も検索できるそうです!
NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル、イーモバイル、ウィルコムと連携し、携帯電話の番号で検索すると、各社の災害用伝言板に登録されている情報を閲覧できます。

http://goo.gl/saigai

携帯版もあります。

http://goo.gl/keitai


google.jpg


また、東日本大震災の消息情報チャンネルを見て下さい


shousoku.jpg




記事によると、
 Googleは、東日本大震災を受けて開設した安否情報の登録・検索サービス「Google Person Finder」に32万件を超える安否情報が登録されており、18日からはTBSの協力により被災者のメッセージを紹介する「YouTube消息情報チャンネル」を開設したことを発表した。

 Google Person Finderは、地震発生後2時間後に開始され、18日現在でNHKの安否情報も含む約32万件の情報が公開されている。PCと携帯電話のアクセスが可能で、人の名前や携帯電話番号を入力することで安否情報が確認でき、安否情報の提供も行える。

 「YouTube消息情報チャンネル」では、東日本大震災の被災者のメッセージ動画を集めて紹介している。現在、TBS News-iが被災地で撮影した30本の動画を紹介しており、近日中にテレビ朝日系列のテレビ局によって撮影される動画も掲載される予定。

 また、避難所情報を掲載している「Google避難所情報」、被災地近辺の道路の通行実績をマップで見ることができる「Google自動車・通行実績情報マップ」、給水や炊き出し場所など現地のユーザーや自治体から寄せられた情報を直接掲載している「Google生活情報」の3サービスについては、18日から携帯電話での利用も可能となった。

 これらの情報は、Googleの災害情報特設サイト( http://goo.gl/saigai )にまとめられており、Googleのモバイルサイト( http://goo.gl/keitai )にも携帯電話から利用可能なサービスが掲載されている。 

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110319_433874.html



3月23日18:00現在Google Person Finder(グーグルパーソンファインダー)」には、約46万件の情報公開されています。

「Google避難所情報」や、「Google自動車・通行実績情報マップ」、「Google生活情報」などの機能も携帯で使えます。

また、サイト内には復興の為の義援金も集めています。

このブログを見て、一人でも手助けができたら幸いです。

自分には何ができるかを考えていきたいと思います。






« »

2011年3月22日

災害時における、Webサービスの可能性

こんにちわ!内定者の武井です。
Webに関連するニュースを取り上げ、考察するエントリーをしていきます。


この度の東日本大震災で被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、ご遺族の皆様に深くお悔やみを申し上げます。
ひとつでも多くの命が救われること、地域の復興をお祈り申し上げます。

間接的ではありますが、募金だったり、節電だったり、私にできることをしたいと思います。
そして、周りの人々に広げたいと思います。

私にも未だ連絡の取れない知人がおります。

落ち込んで塞ぎ込んでいても何も変わらないから、私は前向きに希望を持って、頑張ります!


さて、本日は東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)関連のニュースです。




記事によると、

株式会社マクロミルは18日、東北地方太平洋沖地震に伴う生活支援に関するアンケート調査の結果を公表した。調査は3月16日に開始し、17日12時までにインターネット経由で14万8222人の有効回答を集めた。

 震災で日常生活が困難な地域に在住していると答えた3140人を対象に、生活で困っていることや不安に思っていることを複数回答形式で尋ねたところ、「ガソリン・灯油が入手しにくい」が88%、「食料が入手しにくい」が84%で上位だった。

 また、災害に関するニュースや生活情報の入手方法については、「テレビ」が88%で最も多く、以下は「パソコンによるニュースサイト・関連HP」が62%、「ラジオ」が62%と続いた。「ツイッターなどのSNS」と回答した人は17%だった。 

mm01.jpg
災害に関するニュースや生活情報の入手方法について

 このほか、地震発生以降の親族・知人との安否確認の方法は、「携帯電話のメール」が75%、「携帯電話の通話」が69%、「固定電話」が42%の順。「通信会社などが提供する伝言サービス」は約1割だった。 

 なお、今回の調査はチャリティーアンケートとして、アンケート回答1件の謝礼にあたる「20ポイント(20円相当)」をマクロミルが拠出し、日本赤十字社などの団体に寄付する。調査は3月22日まで実施する予定。

首都圏はどこに行ってもガソリンがないですね。
需要に対する供給量は足りているらしいので、買占めが原因ですね。
空いているスタンドには、1~2時間待ちの列ができています。

私はバイクお休み中です。
暖かくなる頃に、スッキリ走りたいものです。


災害に関する情報の入手方法には、やはりタイムリーな情報が手に入るテレビが一番との結果です。

被災地の統計ではありますが、インフラ設備に影響が出るほどの甚大な被害が出た地域では、webメール・電話はできなくなりました。
その結果、Twitter(ツイッター)が力を発揮したと聞きました。

安否情報や避難所の状況がリアルタイムで共有されていたみたいです。
webサービスの可能性を改めて感じました。

現在、様々な企業・団体が被災地への支援を呼びかけています。

原発など不安要素はまだまだあるとは思いますが、一日でも早い復興を願っています。





« »

【お客様各位】今後の弊社業務対応につきまして

3月11日(金)に東北地方を中心に発生した東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

また、早期の安全・安心の確保と復旧を心より祈念申し上げます。

私共JCOSは、「節電を実施すること」 「経済活動を活発化させ社会に貢献すること」を徹底し、一日でも早い復旧復興に向けて、お役に立てますよう努力してまいる所存でございます。(義援金活動などは、個々人にて行わせて頂いております。)


3月22日(火)より通常業務を行なっております。


尚、予期しない事象の発生の場合には、変更の可能性もございますので予めご了承の程お願い申し上げます。
その際には弊社担当者または弊社ウェブサイトにてご連絡させていただきます。




« »