お問合せ株式会社ジェイコス
TEL 03-5428-8733

Webコンサルティング会社、首都圏(東京)を中心に戦略的なホームページの制作、Webマーケティングをご提供

Webコンサルティング.jp HOME > Blog Top > ピンタレストをビジネスで活かす"10の教え"(後編)

Profile

通称:株式会社ジェイコス
誕生日:2005年4月1日
出身地:三軒茶屋
現住所:麹町
職業:Webコンサルタント

2012年7月 3日

ピンタレストをビジネスで活かす"10の教え"(後編)


pinterest 10 commandments 2.jpg

今回は、「ピンタレストをビジネスで活かす"10の教え"」の後編
をご紹介します!前回は、ピンタレストの基本的な使い方が
中心でしたが、後編ではコンテンツの内容やSEOなど
より踏み込んだ内容をご紹介します!

※原文はコチラ


5. 視覚的なコンテンツを作ろう!

まず、サイトやブログに印象的なコンテンツを掲載しましょう。
こうすることで、ピンを獲得しやすくなります。

そして、様々なタイプのコンテンツをピンしましょう。
例えば、魅力的なフォントで背景をシンプルにした画像は
ピンされやすくなります。また、動画はピンされにくいコンテンツ
ではありますが、魅力的なコンテンツの1つです。

ピンするコンテンツは、シンプルなものを心がけましょう。
コンテンツがシンプルで分かり易いほど、
ピンを獲得しやすくなります

さらに、縦に長い画像を使用すれば目に付きやすくなりますし、
インフォグラフィックという情報や知識を目で見て分かるようにした
画像は非常にリピンされやすくなります。


6. コンテンツを作りながらも、キュレートすることを忘れずに!

まず、セルフプロモーションだけではNGです。
オリジナルとそうでないコンテンツとのバランスをとりましょう。
自社製品やサービスに加えて、ブランドや自社の背景にある
ライフスタイルや信念も紹介しましょう。

また、他のユーザーのピンも紹介しましょう。
すごいと思っていたり、やってみたいと思っている
ブランドやビジネスを特集してみたり、
属しているコミュニティのメンバーを紹介しましょう。

さらに、自らが情報源になりましょう。
自社のビジネスからアイディアやノウハウ等を提供することで、
適所で影響力を持てるようになります。

フレッシュなコンテンツを見つけましょう。
自社がターゲットとする市場に関係したキーワードで
検索をして、全ての種類のフィードを見ましょう。
こうすることで、自社のフォロワーがまだ知らない新しい
コンテンツを見つけられます。様々なサイトから直接ピンすれば
新しいコンテンツも作ることが出来ます。

ピンタレストで成功している他のブランドから学びましょう。
非常に多くのピンを獲得しているブランドに共通していることは、
コンテンツを作り出すだけでなく、
共有して新たな価値を生み出しているということです
また、単にセルフプロモーションするというよりは、
むしろブランドが持つライフスタイルをプロモーションしています。


7. クリエイティブにプロモーションを!

まず、コンテンツにCTA(行動喚起)を使いましょう。
CTAを使用したコンテンツは、ファンが80%も増えたという
事例も見られます。

そして、競争力を促進するためにピンタレストを使いましょう。
CTAを使ったり、リピンやコメント等を基にするなど
競争力をつけるための施策に制限はありません。

さらに、コンテンツの枠の外を意識しましょう。
例えば、イベントを開催するときに、新たに専用のボードを
作成します。そして、参加者にはボードへ投稿をしてもらい、
さらにイベントの宣伝もしてもらいます。
つまり口コミを利用していくという事です。


8. SEOや参照元対策を忘れずに!

まず、注目されやすいようコンテンツを設定しましょう。
リッチなキーワードや目に留まりやすい見出しなどを
使っていきましょう。また、コンテンツにカテゴリを追加する
ことも忘れずに行いましょう。

流入・離脱トラフィックについても意識しましょう。
たとえば、何がユーザーを惹き付けるのかや、
訪れたユーザーに何をしてもらいたいのかを意識しましょう。

さらに、検索を理解しましょう。
ピンタレストの検索は、コンテンツ、ボード、ユーザーのことを
明らかにしてくれます。その上で、プロフィール、コンテンツ、
ボード名をターゲットに対して合わせて行きましょう。
プロフィールでは、自社ビジネスの説明のために大量の
スペースをとったり、サイトのリンクを張りましょう。

自社のサイトからオリジナルのコンテンツをピンしましょう。
ビジネスとしては、自社サイトにユーザーを誘導したい
はずですので、自社サイトからコンテンツをピンしましょう。
また、ブログからピンをするときには、各記事のURLを
掲載するようにしましょう。


9. ツールを使おう!

ピンタレストの便利なツールは、アドバンテージとなるので
この機会にチェックしておきましょう。

シンプルですが時間を節約したいときには役に立つアプリです。
いつでもすぐにピン出来るので、タイミングを図ってピンする
際にも便利です。ただ、ピンタレスト中毒には要注意です。

コンテンツ管理のツールです。アクセス数の集計や
ピンするタイミングを提案もしてくれます。
今後は、スケージュールを設定してピンする機能も
公開されるようです。

音楽、カレンダーのデータ、位置情報などを含めた
個性的なオリジナルコンテンツを作れるツールです。
Instagramのようなフィルタ機能も付いています。


10. 効果測定や検索をしよう!

コンテンツの状況を追跡しましょう。
フォロワーやコメントなどしっかりと状況を観察しましょう。

ピンタレスト上でコンテンツ、ボード、ブランドを検索しましょう。
検索をして見つけたものは、自社のブログやコンテンツの
タイトルなどに活かして行きましょう。
成果のでるものをどんどん見つけていきましょう。

グーグルアナリティクスで、自社サイトをチェックしましょう。
ピンタレストを含めた参照元を分析したり、
ユーザーの検索キーワードに注目をしていきましょう。
最近の動きでは、ピンタレストからのブログへの流入が
2~3倍になったという事例もあるようです。


さて、これまで前編、後編に渡って
「ピンタレストをビジネスで活かす"10の教え"」をご紹介してきま

した。
後編では、どのようにコンテンツを作っていくのかや
どのようにピンしたり共有をしたりするのかを中心に
紹介されていました。
具体的な内容まで踏み込んでいないので、
自分で企業の事例に当てはめながら内容を消化していく
必要がありそうです!

ピンタレストは、まだまだ未知数な部分が多いだけに
潜在的なビジネスチャンスが注目されています。
皆さんも、使い込んでビジネスチャンスを見出してみるのも
面白いのではないでしょうか。


trackbacks

trackbackURL:

Recent Entries

  1. 【あなたにピッタリのサービスがわかる】スマホでお得にエンタメ動画を楽しもう~全ての動画配信サービスを視聴してみた!~
  2. 個人の居酒屋もカフェもレストランもクレジットが安価に簡単に導入できる~ビジネスチャンスが広がる"モバイルクレカ"比較まとめ~
  3. 驚異の6秒動画プロモーション「Vineを活用した8つのキャンペーン事例」をご紹介!
  4. "スモールビジネス"LINE@活用法~PR戦略成功事例をご紹介!~
  5. 企業の存続危機に発展するかも!?Twitter炎上事例からわかるリスクの実態とその対策
  6. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~6/6
  7. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~5/6
  8. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~4/6
  9. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~3/6
  10. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~2/6