お問合せ株式会社ジェイコス
TEL 03-5428-8733

Webコンサルティング会社、首都圏(東京)を中心に戦略的なホームページの制作、Webマーケティングをご提供

Webコンサルティング.jp HOME > Blog Top > 今さら聞けない!これからGoogleAnalyticsをはじめる方へ送る3つの設定

Profile

通称:株式会社ジェイコス
誕生日:2005年4月1日
出身地:三軒茶屋
現住所:麹町
職業:Webコンサルタント

2012年8月16日

今さら聞けない!これからGoogleAnalyticsをはじめる方へ送る3つの設定

Web業界内でも、アクセス解析をどのようにして、活用していくか、という「活用」を模索するステージの話が多くなってきています。

しかし、今アクセス解析担当になったという方でも、GoogleAnalytics(以下GA)を導入するという方でも絶対に押さえておくべきポイントをお伝えいたします。

0816a.JPG


1)無料といいつつ、制限があることを知っておく。

・1アカウント毎に1000PV/月まで

月間1000万PVを超えてしまった場合は、上位のコンテンツの中に"(other)"と表示されて、そこで1つにまとめられてしまいます。


・1プロファイルにつき、一日で解析可能なページ数は、 5万ページまで

動的に作られた仮想ページも含みます。超えてしまった場合は、[コンテンツ] レポートの「(その他)」という別のセクションにまとめられてしまいます。 


・1プロファイルについて5万検索キーワード/日まで

1日で収集可能な検索キーワード数は、 5万個です。


・データの保存期間は25ヶ月、、、らしい

データの保存期間は25ヶ月といわれているが、現在それ以前も見ることができます。



2)プロファイルで、フィルタ、目標の設定をする

次に、プロファイルの設定です

アナリティクス設定>プロファイル>フィルタで設定可能です

0816b.JPG

ここに除外したいIPアドレスをいれましょう。

対象は最低限下記です

a) 自社のIPアドレス(複数あれば、全て。支社も全て)

b)制作会社のIPアドレス

c)広告代理店のIPアドレス

d)ASPなど関連業者のIPアドレス



つづいて目標設定です

0816c.JPG


目標設定とすると通常は「お問合せ完了」ページを設定しますが

GAでは訪問あたりのページ数や、訪問あたりの滞在時間も目標にできます

ですので、お問合せ完了以外にも「何ページ以上見てくれた人」などで設定できます。

この数値はサイトのシナリオを考えた際に、スタート(TOPページ)からゴール(完了?ページ)までで何ページ必要かをよく考えて、設定してください。


サイトのゴールが問合わせとは限りませんので、運営しているサイトに合った目標設定をしましょう。



3)ツールを触る前に、アクセス解析のKPIは設定してあるのか?

よくある間違いに、「とりあえす数字みよう」とする方々。

本来の順序としては(2)の目標設定の前にKPIの設定が必要ですが

文章の流れ上、ご容赦ください。

さて、KPI,KPIという言葉だけ先行してしまい、「何を、どのように」設定すれば良いのかわからない?という担当者は多いと思います。


KPIって言葉自体、難しいですし日本語に訳しても「重要業績指標」と、よくわかりません。


そこで結果が出るために、知っておくとよいのでは?という面から考えます。


a)まず「結果」って?

サイト上のゴール「お問合せ獲得」などありますが、そのもう一つ上のレベル「誰がどのような状態になったら良いか」という点まで一度登って行ってから、Webサイト上のゴールに戻りましょう。


b)サイトにはどんな企画、考えを盛り込んだ?

結果を出したくて作ったサイトです。

色んな企画を盛り込んでいるはずです。それがコンテンツなのか、集客施策なのか。

またこれから盛り込んでいきたい施策もまとめます


c)各々の企画、考えは「何がわかると」効果が図れるかを考える。

例えばリスティング広告を出稿した、とした場合

リスティングの効果はCVでもありますがクリック数もひとつの効果だと思います。

また直帰率も効果指標になります。


d)ホントに大事なのって?

(c)で考えた指標の中でも、重要だな、と考える指標を抜き出し、それをKPIとします。

そしてKPIの数値基準は「今」が基本です。

今よりもより改善を目指して行った施策であれば、「今」より良くなったか、悪くなったかで評価をします。



e)担当者は何を効果とすべき?

担当者の人と、上長、経営者では見るべき数値が違う筈です。

ですので、サイト運営に関わるステークホルダー(重要な人)を設定して、各人が見ておくべき指標を考えます。




KPI設定は難しいですが、まずは知りたい項目を設定し、検証するという事も重要です。

考える事も大事ですが、行動して数値を見てみる事はもっと重要かもしれませんね。










trackbacks

trackbackURL:

Recent Entries

  1. 【あなたにピッタリのサービスがわかる】スマホでお得にエンタメ動画を楽しもう~全ての動画配信サービスを視聴してみた!~
  2. 個人の居酒屋もカフェもレストランもクレジットが安価に簡単に導入できる~ビジネスチャンスが広がる"モバイルクレカ"比較まとめ~
  3. 驚異の6秒動画プロモーション「Vineを活用した8つのキャンペーン事例」をご紹介!
  4. "スモールビジネス"LINE@活用法~PR戦略成功事例をご紹介!~
  5. 企業の存続危機に発展するかも!?Twitter炎上事例からわかるリスクの実態とその対策
  6. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~6/6
  7. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~5/6
  8. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~4/6
  9. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~3/6
  10. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~2/6