お問合せ株式会社ジェイコス
TEL 03-5428-8733

Webコンサルティング会社、首都圏(東京)を中心に戦略的なホームページの制作、Webマーケティングをご提供

Webコンサルティング.jp HOME > Blog Top > 紙媒体とどう違う? Webコンテンツのライティングについて

Profile

通称:株式会社ジェイコス
誕生日:2005年4月1日
出身地:三軒茶屋
現住所:麹町
職業:Webコンサルタント

2014年5月15日

紙媒体とどう違う? Webコンテンツのライティングについて

20140515a.jpg


Webでのコンテンツ制作には、Webという媒体の特性に適したライティングが必要になります。

紙媒体など既存のメディアにおけるライティングとまったく異なるものではありませんが、一部、Webのライティング独自の方法やコツがあるのも事実です。

ここではWebライティングで押さえておきたいポイントをご紹介します。


■ Web媒体と紙媒体の違いは?

20140515b.jpg
Webという媒体は、雑誌や書籍などの紙媒体とどういった点が異なるでしょうか。

例えば、自分がユーザとして次の長期休暇の旅行先についての情報を集める場合のことを考えてみましょう。

行きたい場所や見たい物がすでに決まっている場合は、Webの検索性の高さや、さまざまな視点からの口コミ情報の多さなどは便利なものです。

一方で紙媒体の場合は、必要な情報がその雑誌にあるかどうか、あるとしたらどのページにあるのかを確認するために手間を要してしまいます。また、情報量が少ないため詳しく知りたい時に役立たないことがあります。

逆に、おおざっぱな目的地だけが決まっていて、いろいろな情報をざっと眺めた中から旅行プランを練る段階では、紙媒体のガイドブックの方が圧倒的に使いやすく便利に感じるはずです。これは、紙媒体の見やすさ(視認性の高さ)、パラパラとめくって眺められる一覧性の高さ、1冊の媒体として一貫したコンセプトに基づく編集などの要因によるものだと言えます。

一方でWebは画面の大きさなどによって見え方が異なり、見づらいことも多く、一覧性が低いという特徴があると言えます。また、Webサイトという枠組みでのコンセプトや文脈とは関係なく、検索エンジンなどから直接記事にアクセスする読者が多いのも特徴です。

Webでは、こうした媒体の特徴を踏まえたライティングが必要になります。




■Webライティングではコピーがより重要に

20140515c.jpg

Web媒体の特徴を踏まえて大切になるのは、「本文よりも見出し」「見出しよりもタイトル」というように、パッと目に入って一瞬で理解できる「コピー」の部分がより重要になってきます。
「コピー」とは「キャッチコピー」の略称で、簡単にいえば「消費者のこころを掴む文章」を言います。

媒体で言えば駅売りのスポーツ新聞の一面の大げさな記事見出しや、電車内の週刊誌の中吊り広告の煽情的な記事見出しが「コピー」です。ああした表現は、記事内容に興味を持たせ媒体を購入してもらうためのテクニックです。そういう部分に出てこない見出しなどについては、すでに媒体を購入した読者に対するものなので、そこまで凝った表現やトリッキーな表現である必要はありません。

Webライティングの場合は、検索エンジンにインデックスされる記事のタイトルや、記事ページにアクセスした時ユーザの目に触れる記事内の見出しすべてに、ある意味「中吊り広告的な」工夫や表現が必要になります。読み始めてもらうためにも、読み続けてもらうためにもコピーライティングに力を入れることが肝心です。

ただし、あまりに見かけ倒しなコピーや、内容と適していないコピーは「釣り」となってしまい、アクセスしたユーザの期待に応えることができない結果に。記事の趣旨との整合性も十分に考慮しましょう。


■従来のライティング常識とは異なる部分も

20140515d.jpg

従来の媒体におけるライティングでは、語彙の豊富さや、ひとつのことを表現するための言い換え表現の多さ、正しい文章表現などが良い文章に欠かせないものとされてきました。
こうしたライティングの技術や手法については、Webでのライティングにも不要というわけではありませんが、Webライティングでは最優先事項にならない場合も多くあります。

ひとつの物事を表現する言い方や単語を言い換えることなく見出しや本文内に繰り返し含めることは、SEOを意識したWebライティングでは基本的な手法となります。

また、記事のターゲットによっては、必ずしも正確な言葉づかいよりも、その層が日常使いそうな言葉づかいを優先する必要があります。検索に使われるのは、ターゲットが日頃使っている言葉づかいだからです。

箇条書きの多用などは、紙媒体の本文ではあまり用いられませんが、紙と比べて視認性の低いWebライティングでは積極的に取り入れる方法です。

このように細かい違いはありますが、読みやすく伝わりやすい文章が求められるという基本的な点は従来の媒体と変わりません。Webならではの表現手法を取り入れつつ読みやすい文章の作成を心がけましょう。








trackbacks

trackbackURL:

Recent Entries

  1. 【あなたにピッタリのサービスがわかる】スマホでお得にエンタメ動画を楽しもう~全ての動画配信サービスを視聴してみた!~
  2. 個人の居酒屋もカフェもレストランもクレジットが安価に簡単に導入できる~ビジネスチャンスが広がる"モバイルクレカ"比較まとめ~
  3. 驚異の6秒動画プロモーション「Vineを活用した8つのキャンペーン事例」をご紹介!
  4. "スモールビジネス"LINE@活用法~PR戦略成功事例をご紹介!~
  5. 企業の存続危機に発展するかも!?Twitter炎上事例からわかるリスクの実態とその対策
  6. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~6/6
  7. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~5/6
  8. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~4/6
  9. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~3/6
  10. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~2/6