お問合せ株式会社ジェイコス
TEL 03-5428-8733

Webコンサルティング会社、首都圏(東京)を中心に戦略的なホームページの制作、Webマーケティングをご提供

Webコンサルティング.jp HOME > Blog Top > 「2014年後半Web関連上場企業」期待に応える成果を出した企業は果たして何社!? ~明暗を分けたその要因を探ります~

Profile

通称:株式会社ジェイコス
誕生日:2005年4月1日
出身地:三軒茶屋
現住所:麹町
職業:Webコンサルタント

2015年4月27日

「2014年後半Web関連上場企業」期待に応える成果を出した企業は果たして何社!? ~明暗を分けたその要因を探ります~

trading0417.jpg

2014年に上場した日本の企業は、全部で90社。昨年12月、弊社ブログにて、このうちの約4割を占めるWebサービス関連企業33社のうち20社についてそれぞれの特徴を分析。小資産、赤字企業でも上場を果たすなど、大きな期待を背負った企業などが明らかになりました。

<参照>
「2014年上場ラッシュ!10月~12月に上場したIT・Web系上場企業20社を調べてみた」http://www.webconsulting.jp/blog/2014/12/20141012itweb20.html

あれから3ヶ月、上場後も期待に応えることのできた企業は何社存在するのでしょうか。20社の株価の推移から、その後の動向を調査。上場時の初値と3月末の株価を比較することで、20社の成長度合いが明らかに!その後の実態と背景に迫ります。



◆上場時初値と3月末の株価との比較分析結果


★株価上昇社数と上昇率
 20社中6社(30%) 
 上昇率6社平均(132%)

★株価減少社数と上昇率
 20社中14社(70%)
 減少率14社平均(70%) ※減少度合いを上昇率で表記


kabuka0415.jpg




























◆株価上昇企業の勝因は?


リクルートホールディングスをはじめとする6社は、上場後3~5ヶ月の間に株価が上昇。3月末の株価上昇率は、平均132%という結果になりました。中でも、大幅上昇を果たしたのが「サイジニア」180%と「オプティム」155%。その勝因を見てみましょう。


【サイジニア】

*555百万円(2014年6月期)
*-98百万円

ビッグデータ解析など、Webマーケティングを主軸としたサービスを展開する企業。バナー広告、レコメンデーション表示をユーザーの趣味嗜好に合わせて表示する「デクワス」が評価され、業界唯一の複雑ネットワーク理論に基づいた技術が注目されています。また、3月18日、ソフトバンクが、筆頭株主であったDCM社から株を追加取得。その結果、33.2%超出資を果たしたソフトバンクが筆頭株主となったことも、人気のポイントといえるでしょう。


【オプティム】

*売上高1,709百万円(2014年3月期)
*当期利益50百万円

スマートフォン(ビジネス向け)やタブレットなどのアプリ、またリモートマネジメントサービスを提供する会社。3月20日には、(株)小松製作所との業務提携を発表し「Optimal Second Sight」というサービスを提供。これは、遠隔地の専門オペレーターが、リアルタイムで現場にいる作業員の状況を映像で確認できるというサービス。専門知識を持った担当が、まるで現場にいるような状態を実現することができます。さらに、2016年3月期は、単独経常利益が約3割増・5億円ほど(前期推定に比べ)になる見通しとのこと。


PCはもちろん、スマートフォン、タブレットなどの利用者が急増する中で、あらゆるネット端末のマネージメントの部分に関わるサービスを展開している企業が、今、伸びてきています。その中でも、上記2社は、いずれも他社にないサービスを展開する企業。自社にしかない差別化した商品を開発、提供し続けることが、世間の評価を得る秘訣となるのではないでしょうか。



◆株価減少企業の敗因は?


20社のうち、3月末の株価が初値より下回った企業は14社。徐々に値を下げ、低迷が続く企業のほうが多くなるという残念な結果に。中でも大幅に減少した企業(上昇率が40%台)は、5社。株主の期待を大きく裏切る形となりました。この要因として、業績に不透明感があることが指摘されています。


【(株)gumi】

*売上高11,183百万円(2014年4月期)
*当期利益-317百万円

上昇率が44%と最低の数字となったgumiは、スマホ向けオンラインゲームを提供する企業ですが、4月5日、2015年4月期の業績修正(営業赤字)を発表しています。業績の見通しがたつまでは、回復の見込みは薄いかもしれません。


【GMO TECH(株)】

*売上高2,369百万円(2013年12月期)
*当期利益114百万円

同じ44%のGMO TECH(株)は、スマホ・タブレットなどの導入型課金広告、検索エンジン最適化などを提供する企業。需要の改善が求められています。


これらを含む低迷する企業に共通していえることは、事業内容に新鮮味がないことではないでしょうか。これから信頼の回復に向けた、各企業の取り組みが期待されます。



◆まとめ


ここ5年間、新規企業の上場社数は増加しつづけており、この背景には、景気が回復してきたことによる株式市場の上昇があります。資金の調達がしやすくなったことや、上場の際の負担を軽減するための諸施策などが理由としてあげられるでしょう。

これらの効果により、多数の企業が上場を果たしたわけですが、期待の大きかったWeb関連企業20社(10月以降のかけこみ上場企業のみ)のうち、現在初値を上回る株価をつけることができた企業は、わずか6社、全体の30%に留まる結果となりました。

これは、上場後、一時的と思われる株価下落の要素も含め、期待に応える経営ができていないことを意味するといっていいでしょう。企業によっては、上場企業として十分に経営を継続できるだけの準備が整っていなかったことも、株主などの期待を裏切る原因となったのかもしれません。

これから、減少企業14社が、株主、そして世間からの信頼をいかに取り戻していくのか、説得できるだけの材料を生み出すための体制づくりから見直すことが必要なのではないでしょうか。



trackbacks

trackbackURL:

Recent Entries

  1. 【あなたにピッタリのサービスがわかる】スマホでお得にエンタメ動画を楽しもう~全ての動画配信サービスを視聴してみた!~
  2. 個人の居酒屋もカフェもレストランもクレジットが安価に簡単に導入できる~ビジネスチャンスが広がる"モバイルクレカ"比較まとめ~
  3. 驚異の6秒動画プロモーション「Vineを活用した8つのキャンペーン事例」をご紹介!
  4. "スモールビジネス"LINE@活用法~PR戦略成功事例をご紹介!~
  5. 企業の存続危機に発展するかも!?Twitter炎上事例からわかるリスクの実態とその対策
  6. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~6/6
  7. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~5/6
  8. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~4/6
  9. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~3/6
  10. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~2/6