お問合せ株式会社ジェイコス
TEL 03-5428-8733

Webコンサルティング会社、首都圏(東京)を中心に戦略的なホームページの制作、Webマーケティングをご提供

Webコンサルティング.jp HOME > Blog Top > 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~1/6

Profile

通称:株式会社ジェイコス
誕生日:2005年4月1日
出身地:三軒茶屋
現住所:麹町
職業:Webコンサルタント

2015年9月14日

注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~1/6

system-694522_640.jpg

近年企業が宣伝・広告活動に使用するメディアとしてインターネットを活用する比率が高まってきていますが、単に商品やサービスを売り込む手法では、生き残れなくなっています。

そこで、企業の売上アップが実現するために多くの企業が実行しているのがオウンドメディア。これは、最近メディアの主流になりつつあるWeb戦略の手法で、「商品・サービスの紹介」だけでなく、顧客が必要とする情報を提供し続ける「自社メディア」のことです。

このブログでは、オウンドメディアづくりの参考にしていただくために、その定義と効果、宣伝手法の特徴など、さまざまな角度から分析。企業のマーケティングに関わる方が知っておくべき要素をまとめ、さらにまざまなタイプの事例として100サイトを厳選、ランキングでご紹介しています。

オウンドメディアの運用にあたっては、「顧客を主体とした目線で、顧客が何を求めているか」に気づくことができるかどうかが競争に勝つ秘訣!ご紹介する各社オウンドメディアのあらゆる戦略からヒントを得ることができるでしょう。



◆オウンドメディアの位置づけとその特徴は?


オウンドメディアは、トリプルメディア(下記の3種類)のうちの1つに位置付けられています。


★ペイドメディア

ネット、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、チラシなどの広告により、自社商品、サービスを広く認知させ、集客する手法のことです。ネットの場合、広告枠を利用した、リスティング広告、アフィリエイト広告などがペイドメディアに含まれます。


★アーンドメディア

Facebook、TwitterなどのSNSを活用し、自社商品やサービスの情報を拡散させ、口コミ効果を狙う手法のことです。


★オウンドメディア

ユーザー視点で、他にはないオリジナルな情報を発信する「自社のメディア」のことで、直接顧客と密な関係を築く役割を果たすメディアといえるでしょう。


宣伝、広告といえば、以前は企業が自社を売り込む「ペイドメディア」が主流でした。しかし、SNSを活用したアーンドメディアが普及したことにより、顧客は、ペイドメディアよりも、第三者の口コミなどから商品・サービス情報を得るようになったのです。そこで、さらに他社との差別化をはかるため、新しい集客戦略として誕生したのが、顧客と直接コミュニケーションをはかるための「オウンドメディア」です。

オウンドメディアは、カタログ、パンフレットなど、自社側のPRが目的ではなく、あくまでもユーザーの利益となる情報、ユーザーが欲しがっている情報を提供することで、信頼関係を築くことが主体となります。

ポイントは、サイト構成はもちろん、ターゲットの利益となるコンテンツを、量・質ともに十分に提供できているかどうか、ということ。この点が充実しているオウンドメディアなら、顧客に必要とされるメディアとして、継続していくことができるでしょう。



◆オウンドメディアを4つのタイプに分けると?


オウンドメディアを分析する際は、まずサイトタイプを大きく以下の4つに分けて考えるとよいでしょう。


【タイプ1】メディア化されたECサイト
      <商品のPRや関連する知識情報を提供>

・自社商品の販売をしつつ、商品に関連したユーザーのためになる情報を提供。
・自社商品への関心度を高め、購入に導くのが目的。


【タイプ2】自社情報提供型
      <企業や商品のPRを重視>

・商品の宣伝広告ではなく、自社企業活動などの情報を幅広く提供。
・自社に関する情報を提供することで、自社への関心度を高めるのが目的。


【タイプ3】広範囲集客型
      <情報提供・コミュニケーションを重視>

・幅広い顧客にさまざまなコンテンツを提供。
・幅広い客層の中から、将来自社の顧客に導くのが狙い。


【タイプ4】ターゲット重点強化型
      <狙ったターゲットへの訴求効果を重視>

・ターゲットを絞り、専門的なコンテンツを提供。
・狙ったターゲットとの関係を密にするのが目的。



◆オウンドメディア"コンテンツ"の形態(カテゴリ)を分析!


また、オウンドメディアに掲載されているコンテンツには、さまざまな特徴が見受けられます。カテゴリ別に簡単にご説明しましょう。


読み物風コンテンツ ⇒ 物事についての説明、ある出来事、筆者の見解などの情報を、雑誌、新聞のような読み物風に提供しています。


知識提供コンテンツ ⇒ 比較的一般的な物・事柄の意味や方法などを提供しています。詳細や流れなどが細かく説明されていることが多いです。


Eコマースビデオ掲載 ⇒ ECサイトなどで、商品の動き、質感などを伝える動画を掲載しています。


ユーザー参加型 ⇒ ユーザーが口コミや画像などを自由に書き込むことができるので、それを参考に商品を購入したりサイトを活用したりできる仕組みになっています。


SNS活用 ⇒ サイト運営者が、Twitter、FacebookなどのSNSで商品などの情報提供を行い、サイトに誘導します。


利用者体験談情報コンテンツ ⇒ ブログ運営者や社員、サイト利用者などが、実際に商品などを利用した際の情報を提供しています。


スタッフブログ ⇒ 日常の出来事、お得情報、商品情報、その他について語ったスタッフによるブログが随時更新されています。


ニュースリリース ⇒ 宣伝用の広告やチラシなどとは異なるもので、企業などが自社の活動内容を公式文書で伝えています。


専門知識提供コンテンツ ⇒ 一般の人を対象とした内容ではなく、ある特定の内容に限定し、奥深い内容まで解説しています。


自社サービス提供内容の事例紹介 ⇒ 自社サービス・商品を提供した事例を取り上げ、その具体的な効果について紹介しています。


動画掲載 ⇒ テキストや画像だけではなく動画を取り入れることで、ユーザーの興味を引きつけます。


一般読者のブログ掲載 ⇒ ブロガーとして任命された一般読者のブログを随時掲載しています。


プロ(ライター・カメラマンなど)による情報提供 ⇒ 特定の分野に長けたプロのライター、プロのカメラマンなどが提供する情報を掲載しています。


ポータルサイトのオウンドメディア ⇒ 新しいカタチのオウンドメディア。ポータルサイトの中に、さまざまなコンテンツを取り入れています。


膨大な情報量 ⇒ 膨大な記事を掲載し、ライバルのどこよりも豊富な情報を提供しています。


特典の提供 ⇒ ユーザーのためになるアプリ、ソフトなどを提供しています。


自社製品紹介 ⇒ 自社製品・サービスに特化し、詳細を紹介しています。


ユーザー体験型コンテンツ ⇒ ユーザーが、サイトのサービスをサイト内でシミュレーション、体験できる仕組みになっています。


次ページでは、月間訪問者数をもとにランクづけした「オウンドメディア100選!」を発表しています!ご紹介したオウンドメディアの特徴、そして分析を行う際のポイントを踏まえ、ご覧ください。


 > 次ぺージ:いよいよ100位から発表!

 1 | 23456





trackbacks

trackbackURL:

Recent Entries

  1. 【あなたにピッタリのサービスがわかる】スマホでお得にエンタメ動画を楽しもう~全ての動画配信サービスを視聴してみた!~
  2. 個人の居酒屋もカフェもレストランもクレジットが安価に簡単に導入できる~ビジネスチャンスが広がる"モバイルクレカ"比較まとめ~
  3. 驚異の6秒動画プロモーション「Vineを活用した8つのキャンペーン事例」をご紹介!
  4. "スモールビジネス"LINE@活用法~PR戦略成功事例をご紹介!~
  5. 企業の存続危機に発展するかも!?Twitter炎上事例からわかるリスクの実態とその対策
  6. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~6/6
  7. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~5/6
  8. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~4/6
  9. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~3/6
  10. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~2/6