お問合せ株式会社ジェイコス
TEL 03-5428-8733

Webコンサルティング会社、首都圏(東京)を中心に戦略的なホームページの制作、Webマーケティングをご提供

Webコンサルティング.jp HOME > Blog Top > Google Search Consoleの新機能「AMPエラーレポート」とは? Webコンサルタントが解説します!

Profile

通称:株式会社ジェイコス
誕生日:2005年4月1日
出身地:三軒茶屋
現住所:麹町
職業:Webコンサルタント

2016年2月23日

Google Search Consoleの新機能「AMPエラーレポート」とは? Webコンサルタントが解説します!

searchconsole.png

Web担当者なら一度は触るツール、Google Search Console(旧ウェブマスターツール)、通称サチコ
2016年1月21日、こちらに新機能が発表されたのをご存知でしょうか?

Googleウェブマスター向け公式ブログ(http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/)では、日々Googleのアップデート情報を発信しています。
難しい言葉も多いですが、Web担当者は要チェックです!

さて、2016年1月21日の投稿を見てみましょう。


......なかなかハードルが高い文章ですね。
Webコンサルタントが翻訳させていただきます!

AMPとエラーレポートを使ってできること

簡単に言うと、以下の3点です!
  • AMPとは、Googleが公開した検索結果を爆速で表示させるためのプロジェクト
  • AMPに対応したWebページは、Google検索結果で爆速で表示される→離脱を食い止められる!?
  • 公式発表までにAMPエラーレポートのプレビューを使ってAMPページを完璧にしましょう!

そもそも AMP (Accelerated Mobile Pages) とは?

AMPとは、Googleが公開したモバイル端末でのWebページの表示を高速化させるためのプロジェクトです。
AMPで決められた手法でWebページを構築すると、そのページはGoogleの検索結果に爆速で表示されます。
ただし、あくまでも「モバイル」に特化したものとして考えてください。
また、AMPファイルをそれ専用の内容にしてはいけません。元のWebページと全く同じ内容にしましょう!

例えば手持ちのスマートフォンからGoogle検索をして、結果にカルーセルが表示されたとします。
AMPをサポートしていると、なんとこんなに素早く結果を閲覧できます!
まずは記事やブログ投稿のようなコンテンツから対応予定で、徐々にカテゴリページ等も対応予定です。

TwitterやPinterest、LinkedIn等のサービスでもAMPをサポートする予定。
Twitterの検索結果でリンク先が爆速表示されたら、モバイルユーザーには有り難い限りですね。


爆速表示しないとユーザーが離脱してしまうかも!?

モバイルユーザーは、検索結果が表示されるのに3秒以上かかると、40%が離脱するというデータが発表されています。
これってとっても勿体ないことだと思いませんか?
せっかくSEOを頑張って上位表示されても、「重い」だけで離脱されてしまう...
AMPをサポートすることによって、その機会損失を防げるかもしれません。

とは言えAMPはまだまだ始まったばかりのオープンソースプロジェクト。
Googleは積極的にユーザーのフィードバックを受け、改善を重ねてゆく姿勢を見せています。
そしてAMPの公式発表に先立ち公開された機能が、1月にリリースされた「AMPエラーレポートのプレビュー」なのです。


エラーレポートのプレビューで、完璧なAMPページを先取り!

日本でも多くのメディアがAMPへの対応を準備しており、GoogleはAMPの公式発表に向けてサポートを開始しています。
この時に気になるのが、せっかくAMP対応のページを作っても、果たしてそれはきちんと表示されるのか?ということ。
エラーレポートでは、AMPページのエラーや全体的に修正が必要ないかの概要が確認できます。
この機能がAMP公式発表前からプレビューできます。プレビュー機能を使って、公式発表までに完璧なAMPページを用意しましょう!

具体的な表示例は下図の通り。

errorreport.png



また、エラーレポートプレビューについての投稿の本文に

>Google 検索において AMP の利用を開始するには、該当するページに対応する有効な AMP ページを作成し、そのページが schema.org の NewsArticle マークアップを使用していることを確認して、ページ同士を適切にリンクする必要があります。

との記述もありますので、自社ページでschma.orgが使用できるのかどうかの確認と、マークアップ、そしてAMPページと通常ページのリンクを忘れないように気をつけてくださいね。


まとめ

それではもう一度振り返ってみましょう!
  • AMPとは、Googleが公開した検索結果を爆速で表示させるためのプロジェクト
  • AMPに対応したWebページは、Google検索結果で爆速で表示される→離脱を食い止められる!?
  • 公式発表までにAMPエラーレポートのプレビューを使ってAMPページを完璧にしましょう!

まだ分からないよ!もっと聞きたい!と言う方は、是非お気軽にお問い合わせください!


trackbacks

trackbackURL:

Recent Entries

  1. やみくもに使うのはNG! レスポンシブウェブデザインを採用するべきシチュエーションと、Web担当者が押さえておきたいメリット・デメリット
  2. パララックスを使いたい人必見!メリット・デメリットと思わず触ってしまう商品紹介ページ・採用サイト
  3. Google Search Consoleの新機能「AMPエラーレポート」とは? Webコンサルタントが解説します!
  4. 【あなたにピッタリのサービスがわかる】スマホでお得にエンタメ動画を楽しもう~全ての動画配信サービスを視聴してみた!~
  5. 個人の居酒屋もカフェもレストランもクレジットが安価に簡単に導入できる~ビジネスチャンスが広がる"モバイルクレカ"比較まとめ~
  6. 驚異の6秒動画プロモーション「Vineを活用した8つのキャンペーン事例」をご紹介!
  7. "スモールビジネス"LINE@活用法~PR戦略成功事例をご紹介!~
  8. 企業の存続危機に発展するかも!?Twitter炎上事例からわかるリスクの実態とその対策
  9. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~6/6
  10. 注目のオウンドメディア100サイト「訪問者」ランキング!~Webマーケティング戦略に勝利したサイトはどれ?~5/6