お問合せ株式会社ジェイコス
TEL 03-5428-8733

Webコンサルティング会社、首都圏(東京)を中心に戦略的なホームページの制作、Webマーケティングをご提供

Webコンサルティング.jp HOME > Blog Top > そのボタン、本当に必要?設置する前に知っておきたいソーシャルボタンの大原則

Profile

通称:株式会社ジェイコス
誕生日:2005年4月1日
出身地:三軒茶屋
現住所:麹町
職業:Webコンサルタント

2016年8月14日

そのボタン、本当に必要?設置する前に知っておきたいソーシャルボタンの大原則

snsbotton_eyecatch.jpg

そのシェアボタン、ちゃんと使われてる?

 

コンテンツマーケティングが流行し、オウンドメディアを持つ企業が近年どっと増えました。専門的なメディアとまではいかなくとも、ブログを設置している企業も多いのではないでしょうか。

記事を更新したらたくさんの人に読んでほしいですよね。

そこで、記事を「拡散」させるのに役立つのがSNSシェアボタン。

TwitterFacebookなどの各SNSが公式にコードを発行しています。

この2つはもちろん、人それぞれ使っているSNSが違うから、あれもこれもシェアボタンを設置しておいて、たくさんの経路で拡散してもらえればいいな......

でもちょっと待って、本当にそのシェアボタン、使われてますか?

 

この記事では、各SNSシェアボタンの特徴と選び方を紹介いたします。


ソーシャルボタンが多ければ多いほど良いわけではありませんので
必要に応じて、SNSシェアボタンの整理と断捨離をしてみましょう!

 

シェアするボタン


Facebook(いいね!)

いいねボタン.png

名称:Facebookいいね!ボタン

特徴:URLをタイムラインにシェアすることができます。

コード取得:https://developers.facebook.com/docs/plugins/like-button

 

Facebook(シェア)

fbシェアボタン.png
名称:
Facebookシェアボタン

特徴:読者が追記をしてタイムラインに投稿することができます。

コード取得:https://developers.facebook.com/docs/plugins/share-button

 

Twitter(ツイート)

twitterボタンツイート.png

名称:Twitterボタン

特徴:読者が追記をしてツイートできる。公式のボタンを使う場合、シェアされている数は取得できない。

コード取得:https://about.twitter.com/ja/resources/buttons#follow

 

LINE

lineで送るボタン.png

名称:LINEで送るボタン

特徴:LINEというサービスの仕様上、スマートフォンでないとほぼ機能しない。タイムラインではなく個人やグループ宛に送られる。

コード取得:http://media.line.me/howto/ja/

 

Google+

googleplus1ボタン.png

名称:Google+1ボタン

特徴:「いいね!」と似たイメージ。ユーザーは少ない?

また、GoogleのサービスのためSEO効果があるという噂もありますが、定かではありません。

コード取得:https://developers.google.com/+/web/+1button/

 

 

保存するボタン

"人のため"に拡散するというよりも、"自分のため"に保存する意味合いが強いものはこちら。

 

はてなブックマーク

hatebuボタン.png

名称:はてなブックマークボタン

特徴:ソーシャルブックマークと呼ばれ、コメントを付けてシェアできる。一度に多くのユーザーに「はてブ」されたURLは「ホットエントリー」等の欄に掲載され、大量のアクセスが見込める。

コード取得:http://b.hatena.ne.jp/guide/bbutton

 

Pocket

pocketボタン.png

名称:Pocketボタン

特徴:クローズド傾向の強い「後で読む」サービス。

コード取得:https://getpocket.com/publisher/button

 

 

フォローするボタン

その記事のURLをシェアしてほしいのではなく、メディアやブログそのもの、各SNSアカウントをフォローしてほしい時に設置したいソーシャルボタンです。

 

Twitter(フォロー)

twitterボタンフォロー.png

@アカウント名...と、どのアカウントをフォローするのか分かりやすいのが良いですね。

コード取得:https://about.twitter.com/ja/resources/buttons#follow

 

Feedly追加

feedlyボタン.png

大手RSSリーダーのFeedly。メディアやブログそのもののファンを増やしたいなら載せる価値あり。

コード取得:http://www.feedly.com/factory.html

 

Instagram(非公式)

insta_follow.png

Instagramは大幅なUIのリニューアルを経て、新たに取得できるフォローボタンの項目を失くしてしまいました。

非公式ではありますが、http://instafollowbutton.com/ からフォローボタンのコードを取得できます!

 

Pinterestフォローボタン

pinterestフォローボタン.png

URL中の画像をPinしてもらうのではなく、Pinterestのアカウントをフォローしてもらうボタンです。

コード取得:https://developers.pinterest.com/tools/widget-builder/?type=follow

 


こんなボタンもあります

上記のSNSシェアボタンと比較すると優先度は下がってしまいますが、ターゲット層によっては有効になり得るシェアボタンを紹介します。


mixiいいね/チェックボタン

mixiチェックボタン.png

一時の勢いは落ちてしまったものの、根強い人気のあるmixi。いいね、チェックの2種類が主流です。チェックボタンは6種類の中からサイトのデザインに合うデザインが選べます。

コード取得:http://developer.mixi.co.jp/connect/mixi_plugin/favorite_button/spec/


YouTubeチャンネルフォロー

youtubeボタン.png

YouTubeチャンネルのフォローボタンも簡単に作成できます。チャンネル名やチャンネル登録者数の表示/非表示も選べて便利。

コード取得:https://developers.google.com/youtube/youtube_subscribe_button


Tumblrシェアボタン

tumblrシェアボタン.png

クリエイターや海外ユーザーに人気の強いtumblr

シェアボタンは3つ用意されていますが、基本は1番上の「Post」。スキ、リブログ、返信をすべてカウントしてくれます。

コード取得:https://www.tumblr.com/buttons


LinkedInシェアボタン

linkedinボタン.png

海外の採用市場では良く活用されているLinkedIn。コーポレートサイトとの相性が良さそうですね。デザインはFacebookのシェアボタンと良く似た印象です。

コード取得:https://developer.linkedin.com/plugins/share


GREEいいね!/気になる/オススメ/シェアボタン

greeボタン.png

ソーシャルゲームのGREESNS。シェアの種類は4つもあります。

コード取得:https://docs.developer.gree.net/ja/platform/connect/socialfeedback


 


おすすめのソーシャルボタンは?

設置するシェアボタンの正解はメディアの扱うテーマやターゲット層によって異なります。競合メディアのシェアボタン設置状況を見て検討してみましょう!

各SNSとの相性を考えてボタンを設置しましょう。

 

Twitter(ツイート)ボタン

twitterボタンツイート.png

日本ではやはりTwitterが強いです。どんなジャンルでも外せないシェアボタンです。

しかし、公式のボタンではツイート数がカウントされません。ステータスとしてシェア数を表示したい場合は、Facebookやはてなブックマークのボタンと一緒に設置すると有効です。

 

Facebookいいねorシェアボタン

iine_share.png

思わず「いいね!」したくなる"まとめ"のようなコンテンツなら「いいね!」ボタン。時事ニュース等、読者がコメントを付けて拡散したくなるコンテンツならシェアボタンと使い分けるのが良いでしょう。いいね!とシェアの両方がセットになっているものもあります。

 

はてなブックマークボタン

hatebuボタン.png

テクノロジー・ライフハック系など、はてなブックマークのユーザー層にウケるコンテンツであれば設置しておいて間違いないボタン。

バズの足がかりとして非常に有効な機能です。

ただし、ファッション・音楽など、好みが分かれるテーマはブックマークが付きにくい傾向があります。

 

Pocketボタン

pocketボタン.png

Pocketは比較的クローズドな使われ方をしますが、他のボタンとは違って後からの再訪を促せる効果があります。Pocketされた数はステータスにもなるので、取扱うテーマによってはシェアボタンを設置した方が良いでしょう。

まとめ記事やライフハック記事などのお役立ち系記事が良くPocketされます。

 

LINEで送るボタン

lineで送るボタン.png

LINEを活発に利用する若年層をターゲットとした場合や、ソーシャルゲームやアプリのようなスマートフォンならではのテーマを扱った場合には設置してあると便利でしょう。PCビューの場合はボタンを隠し、スマホビューでのみ有効にしてあるメディアも見られますね。

 

おわりに

あなたのメディアには、どのSNSシェアボタンが相性ピッタリでしょうか?

冒頭でも述べたように、ソーシャルボタンは拡散の手助けになりますが、闇雲に設置することでゴチャゴチャした印象になるだけでなく、ページの読み込みが遅くなって離脱やGoogleからの評価の低下にもつながります。

ソーシャル流入等アクセス解析のデータを見ながら、最適な条件を見つけていきましょう!


trackbacks

trackbackURL:

Recent Entries

  1. 年末年始のおせちサービスのまとめ
  2. そのボタン、本当に必要?設置する前に知っておきたいソーシャルボタンの大原則
  3. やみくもに使うのはNG! レスポンシブウェブデザインを採用するべきシチュエーションと、Web担当者が押さえておきたいメリット・デメリット
  4. パララックスを使いたい人必見!メリット・デメリットと思わず触ってしまう商品紹介ページ・採用サイト
  5. Google Search Consoleの新機能「AMPエラーレポート」とは? Webコンサルタントが解説します!
  6. 【あなたにピッタリのサービスがわかる】スマホでお得にエンタメ動画を楽しもう~全ての動画配信サービスを視聴してみた!~
  7. 個人の居酒屋もカフェもレストランもクレジットが安価に簡単に導入できる~ビジネスチャンスが広がる"モバイルクレカ"比較まとめ~
  8. 驚異の6秒動画プロモーション「Vineを活用した8つのキャンペーン事例」をご紹介!
  9. "スモールビジネス"LINE@活用法~PR戦略成功事例をご紹介!~
  10. 企業の存続危機に発展するかも!?Twitter炎上事例からわかるリスクの実態とその対策