お問合せ株式会社ジェイコス
TEL 03-5428-8733

Webコンサルティング会社、首都圏(東京)を中心に戦略的なホームページの制作、Webマーケティングをご提供

Webコンサルティング.jp HOME > Blog Top > <07>HTML

Profile

通称:株式会社ジェイコス
誕生日:2005年4月1日
出身地:三軒茶屋
現住所:麹町
職業:Webコンサルタント

2009年9月24日

次世代のWeb技術「HTML5」を体験!

今回ご紹介するのは、最新技術「HTML5」を体験できる海外サイトです。

「HTML5」は、W3Cが2012年を目標に規格化を進めている、

次期バージョンのHTMLです。

HTMLとJavaScriptを組み合わせることで

Flashの様にアニメーションをマウスに反応しながら動かすこともできます。

 

>> HTML5 Canvas and Audio Experiment

※閲覧には、最新版のFireFox、Safari、Operaなどが必要です。





« »

2009年6月16日

SEO対策への考え方

SEO対策を行う場合、内部・外部と施策を行いますね。
ちんと内部対策を行う事で、外部対策も活きてきます。

しかし、過度のSEO対策や小手先のテクニックを使用したところであまり意味がありません。

YahooやGoogleはガイドラインを発表しています。

【Yahoo】
Yahoo!JAPANガイドライン

【Google】
Googleガイドライン


双方のサイトを見ても、基本的な事を徹底的に行う事が検索エンジン対策になるのです。

ただ、この基本的な事を"徹底的に"行うことをやらずに小手先のソースコードいじりや
大量の外部リンクなどを貼り付けても、一時的に効果があるかもしれませんが
長期的に見たときに果たして意味があるのでしょうか。

検索エンジン対策を考える際に重要なことはやはり

・対象とするキーワード
・そのキーワードでの競合サイト

こちらを良く調査した上で、どのような検索エンジン対策を行う必要があるのかを検討する必要があります。

「本見て、わかってますよ」と思っている担当者こそが、間違ったSEO対策ばかりを行っている傾向にあります。
基本を疎かにしない!これが出来てこそなのです。

弊社主催のセミナーでは、サイバーエージェントグループ子会社 株式会社CAテクノロジーをゲストに迎え
最新の検索エンジンのトレンドを含めた、SEO対策セミナーを開催いたします!







Google Developer Day 2009で来場者全員にGoogleケータイをプレゼントしたそうです。
凄すぎですね。。。残念ながら私参加できませんでしたので、貰えませんでした。


Webコンサルタント 佐藤司

↓ お好きなRSSリーダーへワンクリックで登録できます ↓          

Yahoo!ブックマークに登録  Googleへ追加   Sleipnir に追加   はてなRSSへ追加

Livedoorリーダーへ追加    goo RSSリーダーへ追加    エキサイトリーダーに登録








« »

2007年12月 4日

Webサイトの画面サイズ その2

以前、ブログの記事でWebサイトの画面サイズとう記事を
書かせていただきました。

今回は、Yahooのリニューアルまであと1ヶ月をきったという事で
第2弾をお送りいたします。

Webサイトの画面サイズの歴史から、今後の主流が変わってきているという事には
以前触れておりますが、正直Web業界、Yahooがスタンダードな事は否めません。

来年以降急速に、画面サイズの変更が行われるかもしれません。

そこで、画面サイズを考える上で、必要な事の一つ、

【ブラウザのサイドバー】についてです。

ブラウザのサイドバーとは、ブックマーク機能や、検索、履歴を常にブラウザで
表示させておく機能になります。
IEであろうと、Firefoxであろうとこの機能は実装されております。


今までのブラウザは"IE6"が主流でした。
今でも、私はIEを標準で使う場合は、IE6を使っております。
(IE7は検証で、実際に常に使っているのはFirefoxです。。。)

IE6ではサイトバーについては、一度開くと、ブラウザを閉じた後に
ブラウザを再度開いても、開いた状態を維持するという仕様になっておりました。
ですので、画面サイズが大きいユーザーでも、サイドバーが開いてしまう為
横スクロールが発生し、ストレスを感じてしまうために
700pix前後が主流となっておりました。

しかし、IE7については、サイドバーを維持"しない"仕様になっております。
つまり、設定を変更しない限りは、サイドバーを開いていても、
ブラウザを開きなおすと、サイドバーを維持しない仕様になっております。


では、その仕様変更によって何が劇的に変わったかといいますと

・一般ユーザーの大半がブラウザはIEを使用しております。

・一般ユーザーの大半が、インストール時の標準仕様で使用します。

・毎回毎回、サイドバーが閉じてしまう仕様なので、設定をせずに
 そのまま放置してしまう。

結果、サイドバー開かないユーザーにとっては800pixを超える
Webサイトであっても、なんら問題のないWebサイトとして表示される事になります。

あくまで、自ら設定を変更したりするユーザーにとっては
横スクロールが発生するとかなりストレスになりますが

ターゲットをコンシューマーを想定した場合に、身近な周りのユーザーが
どれだけPCの設定を調整するでしょうか。
やはり多くのユーザーが標準インストールのままではないでしょうか。

一般ユーザーに定着してくれば、Webの主流もまた
進化していくと予想されます。

今後制作するWebサイトの横幅については

・ターゲットをよく想定する

主流に流れるのではなく、良く自社のサイトについて
考察し、分析し、その上で、Webサイトのサイズを決定しましょう。

JCOSでは、ログ解析や、ユーザープロファイル、ペルソナ手法から
最適なWebサイトの設計を行っております。

ジェイコスへ相談する ←別ウインドウで開きます。





« »

2007年10月26日

コーディングについて

HPを制作する際に、現在使われているコーディング技術には大きく2種類存在します。

文章などの内容をHTMLで実現し、
デザインなどの見た目をCSS(スタイルシート)で実現するCSSコーディング。

もう一つは、今現在もっとも多い、見た目もHTMLで実現するHTMLコーディングです。

※HTMLコーディングからCSSコーディングに移行段階の状態や、
レイアウトのみテーブルを併用する場合をハイブリッドコーディングと呼ぶこともあります。

既存のHPの多くはテーブルによるレイアウトなどが主流で行われているため、
HTMLに内容とデザインの両方が含まれているHTMLコーディングで、
制作されたサイトが目立ちます。

HTMLコーディングの場合、文章などの伝えたい(検索サイトに登録させたい)内容が
デザインを実現するための記述に埋もれてしまい、
検索サイトから正しい評価を得られない問題が出てきます。

また、プリントアウトへの対応が難しく、印刷用に専用ページを設けているような
Webサイトもあります。

CSSコーディングを行っているHPの場合は印刷に不要なコンテンツを非表示にしたり、
印刷用にレイアウトを調整することができるので、別ページは不要となります。

上記内容を踏まえて、SEO対策やアクセシビリティ、ユーザビリティを考慮しますと
「HTMLをシンプルに、かつデザインを利用者が変更できる」など、
多くの利点がある、CSSコーディングを今後はしていく事を推奨します。

が、制作会社によっては費用が高騰したり、コーディングの時間が倍以上かかったりと、
まだまだ課題が多いですが、現状HTMLコーディングでサイト運用をしている会社は
将来を見据えて是非検討してみてください。

HTML、アクセシビリティ調査サービスはこちら





« »

2007年10月23日

Webサイトの画面サイズ

Webサイトの進化とともに
パソコンや、ディスプレイの技術についても進化し続けています。

Webサイトの設計をする際に、サイトの横幅をどのくらいの幅にするのかが
一つ重要になってきます。

このブログをご覧になられる方はWebに携わっている方が多いと思いますので
ご存知の方は多いと思いますが、先日mixiがデザインリニューアルをいたしました。

そのサイトの横幅は950pixです。


サイトのサイズのセオリーとして
800×600の画面サイズをターゲットにする為に720pixなどで
制作するケースが多かったと思います。

1024×768pixのサイズの画面が多くなってきて
760pixや最大で800pixのサイト制作が多くなりました。


そこで現在の巨大ポータルサイトの
『800超え』のサイトサイズですが、如何でしょうか?


実際に全世界で最大のPV数を誇るYahoo!JAPANも、リニューアルを予定して
ユーザーにテストで画面を利用させております。
こちらのサイズは950pixになっております。


ユーザーにとってのWebのスタンダードがYahoo!JAPANである今、サイトの横幅についても
変革期にあるのかもしれません。


こちらは弊社のサイトWebConsulting.jpのサイトの訪問ユーザーの画面解像度トップ10です。

弊社のターゲットユーザーであれば、最新のパソコンを導入されていたりしますので
このような結果が出ており、横幅を大きくしても良いかもしれません。

上記のようにサイトの横幅についても変革期にある時期ですが
Yahooがやっているから、mixiがやっているからという理由ではなく

あくまで、「ターゲット」とするユーザーがどのような画面を使っているのかを
データで取り、想定して制作する必要が大前提という事を忘れてはいけません。

ジェイコスではWebの潮流や、データに基づいたサイト設計をのコンサルティング
行っております。
課題解決の第一歩にまずはご相談ください。

Webサイトについてジェイコスへ相談する ←別ウインドウで開きます。





« »

Recent Entries

  1. 次世代のWeb技術「HTML5」を体験!
  2. SEO対策への考え方
  3. Webサイトの画面サイズ その2
  4. コーディングについて
  5. Webサイトの画面サイズ
  6. 紙とWebの違い -写真-
  7. 斬新なデザイン
  8. 人気のあるフォント
  9. フォーム